« たまには電車&マタイ受難曲 | Main | ハルモニウム »

January 24, 2005

困ったときの登龍出前。

時間がなかったり、あまりにも寒くて外に出たくない、なんてとき、
我家がよく利用するのが、麻布十番商店街の高級四川名菜「登龍」だ。
地元では「美味しいが高い」という評価が定着している一方
「値段ほど美味しくない」という意見も多いお店。
いずれにせよ、話題には事欠かない。
餃子が\1,900、坦坦麺(ここでは四川皇麺というのだが)が\1,800と値段は超一流。
味はもちろん悪くない。いやむしろ美味しい方だと思うのだけど、
たしかに値段を考えると「うーむ」と考えてしまう。
でもね、実はこの「登龍」には別の一面がある。
「出前」である。ここの出前、めちゃくちゃ迅速なのである。
電話して、10分か15分後には「ピンポーン」なのである。
ピザのデリバリーやらお弁当が少なくとも30分、
遅ければ1時間待ちが普通なのに、このスピード。
我家ではこのスピードは大変評価しております。(笑)
スピードもサービスのうちと考えれば、
登龍の出前はなかなか素晴らしいオプション、なのです。

●登龍
港区麻布十番2-4-5/03-3451-0184/火曜休

|

« たまには電車&マタイ受難曲 | Main | ハルモニウム »

Comments

This is really a lot better compared to the conventional way the location where the search is limited to two to a few lenders katy perry prismatic tour our service is 100% free without any bank card required or even asked for.

Posted by: katy perry prismatic tour | April 01, 2014 at 08:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71476/2689403

Listed below are links to weblogs that reference 困ったときの登龍出前。:

« たまには電車&マタイ受難曲 | Main | ハルモニウム »