« クレソン | Main | ガリ・ベルティーニ、死去。 »

March 15, 2005

旬香亭グリル・デ・メルカド

grilllogo ホワイトデーの食事ということで、六本木アークヒルズはエグゼクティブタワー1Fの「旬香亭グリル・デ・メルカド」に行って参りました。まだ若いシェフ、山田チカラさんは高名なスペインは「エルブリ」の厨房に立った2人の日本人のひとり。さて、どんなお料理が出てくるのか、と期待して訪れました。アークのエグゼクティブタワーはちょい分かりづらいところにあります。ちょうどサントリーホールの真裏辺り。KIHACHIのパティスリーの並びです。「エルブリ」譲りの個性的なお料理を楽しみに訪れた僕らをまず迎えたのは、エントランス横の猫。まさに招き猫状態ですが、おそらくお婆さん猫。ちんまりと座ってお客さんを迎えています。聞くとお店の猫ではないらしい。エグゼクティブタワーの住民や付近の人たちが餌付けして、居座っている猫ちゃんでした。その名もエグゼちゃん。さすがエグゼクティブタワーの住民、やることが粋だね。(笑)
 ドアを開けてビックリ。何と、ホール係は麻布十番のNOODLESで店長してた瀬戸さんじゃあーりませんか!ビックリ。何でも山田シェフとお友達だったとか。お料理の前に大きなサプライズです。そして肝心のお料理は、アペリティフのベリーニからデザートまで全26品。多いよ、マジで。悠々と3時間のディナーになりました。お奨めのスペインはChiviteの赤ワインは薫り高く、素晴らしかったですね。お料理は何しろイッパイ出てくるので楽しい。しかし印象に残るか、もう一度行くかとなるとどうかな。エンタ性の高いお店ですから、TPO次第で使いようがあると思いました。

今日のメニュー
「カクテル」
→ベリーニ
「ピンチョス」
→タラマサラダ/プルポ ガリエガ/イチボのタルタル/カニコロッケ/梅肉ポークのリエット/目光のエスカベーチェ/海老のアヒージョ
「タパス」
→生ハム&メロン/蛸のラビオリ/スケット/厚岸カキのカレー/カリフラワーのクスクス/くもこのコロッケ/フォアグラと空豆のカタルーニャ風
「プラトス」
→フォアグラとコンソメ/サワラと香草マスタード/イベリコ豚骨付きバラ肉のキャラメリゼ
「デザート」
→人参のアイレとオレンジヴェルモット/ランスタンドゲラン
「プチフール」
→ホワイトチョコのムース/テュイル/タタンスティック/ロッシェ/カボチャの種のシナモン風味/チュロスピペット/こぼれないカプチーノ

●旬香亭グリル・ド・メルカド
港区赤坂1-14-5/03-3586-6508/月休

|

« クレソン | Main | ガリ・ベルティーニ、死去。 »

Comments

おいしい記事と直接関係ありませんが、昨日ヨウジロウさんの渋谷のショップのレセプションに行ってきました。とてもお元気そうでした。umiさん、近々オフラインでお会いしましょう。

Posted by: けいすけ | March 17, 2005 at 11:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71476/3313306

Listed below are links to weblogs that reference 旬香亭グリル・デ・メルカド:

« クレソン | Main | ガリ・ベルティーニ、死去。 »