« BEIGE TOKYO | Main | アロマフレスカ »

June 23, 2005

かけがえのないもの

kakegaenonai昔、星を見るのが好きだった。
いつごろからだろう。
宇宙を見上げなくなったのは。

昨夜は仕事の途中に大学時代の友人と会食。
事業スタートアップの打ち合わせを終えた後、
友人を表参道の交差点でピックアップ。
もう一人の友人を加えて、昔話を少々。


現在浜松に在住する友人は二人のお子さんの父親。
彼は今、音楽関係のプロフェッショナル。
先日はチック・コリアと仕事したらしい。
羨ましい。
上の娘さんは中学1年生になるという。
家族4人でアウトドアライフを送っているみたい。
自然の中で、家族で、テントで寝泊り。
僕の不得意分野のど真ん中。
様々な人生がある。
たまには自然に触れなくちゃ、などと思う。

脳化する社会。
都市化する環境。
失われる自然。

養老孟司先生の主張は相変わらず明快だ。
意識から自由になること。

僕らは都市生活者。
その生活は際限のない、意識の外部化。
少し耳に痛い話。
でも、人間とは無条件に自然の産物と呼べるものなのだろうか。
大自然に矛盾なく包含されている概念なのだろうか。
また大自然とは、疑いようのない存在なのだろうか。
僕には分からないことだらけだ。

ただ、ひとつだけ。
たまには緑に包まれて、ここと違う空気を吸うのも気持ちいい。
それは確かだ。
そろそろ、どこかにrun awayするかな。
だって、星が見たくても東京には空がないのだから。

|

« BEIGE TOKYO | Main | アロマフレスカ »

Comments

もう4、5年前ですが、養老先生の講演を聴いて
目から鱗の落ちる思いをしました。
この本も読んでみたいと思います。

気づかない内に自分で自分を縛って疲れちゃった時に
山に行ったりすると、馬鹿らしくなって硬くなっていた
体が急に楽になる事があります。
その上温泉があったりすると、もうふにゃふにゃです。
そろそろ行き時かも…。

Posted by: melissa | June 23, 2005 at 11:29 PM

melissaさん、こんにちは。
レス遅れて失礼しました。
養老本、この「かけがえのないもの」に加え、
「希望のしくみ」「わかることはかわること」を
積読してあります。(笑)
これから読む予定。
本当は佐治晴夫の「宇宙の不思議」を読もうと思って
アマゾンに行ったらリコメンドに捕まりました。
そのうちまたレビューしますね。

温泉。
うちもそろそろ行きたいなと思ってます。

Posted by: umi | June 29, 2005 at 05:00 PM

お仕事忙しそうですね。お体に気をつけて。
レビュー楽しみにしています。

温泉、黒川温泉に一度行ってみたいです。
遠いのでなかなか行けませんけど。

Posted by: melissa | June 30, 2005 at 08:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71476/4675394

Listed below are links to weblogs that reference かけがえのないもの:

« BEIGE TOKYO | Main | アロマフレスカ »