« January 2006 | Main | March 2006 »

February 25, 2006

my sincere condolences

親類に不幸があり、25日急遽通夜に参列。
14時に東京を出て東名を西へ。
18時には豊川ICを出る。
20時には再び豊川ICから東京を目指す。
0時丁度にガレージへ戻った。
妻に先立たれた伯父の涙が心に残る。
自分に置き換えるとその悲しみは如何ばかりか。
そうと知りながら先立つ人の悲しみもまた。
心より御悔み申し上げたい。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

February 24, 2006

神戸住吉 作作

僕の会社の新しいコンサルタントの試用期間が解けたお祝いと
もひとつデザイナーさんの遅いお誕生日祝いで。
極めて近所であるにも関わらず、今回が2回目の訪問。
小上がりを占拠&初心者コースをチョイスして開宴。

 突き出し(3種盛)
 すじ焼き
 牡蠣焼き 
 えび焼き
 野菜焼き
 豚玉
 えび玉
 そばメシ
 塩焼きそば
 デザート

ワインもボトルで頂いて御代もリーズナブルでした。
作作焼きがちょっと脂っこいのと最後の2品はもう一息でしたが、
これはもう十分でしょう。
無休なのは吃驚、でも助かる。
雰囲気が曰く特徴的であり、
昔の麻布十番っぽいお店ですね。
歳の離れた感じのカップルが多いとことか。(笑)

●神戸住吉 作作
港区南麻布1-5-4/03-5443-8576/無休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2006

麻布 和可奈

会社経営の醍醐味でもあるけど、トラブル発生。
想定の範囲内ではありますが。
妻と2人、善後策を練りながらの夕食場所を探す。
Pointage、Cafe Lifeと漂流して、和可奈。
カウンターでいろいろと考え話す。

モノは考え様。
災い転じて福と成す。
禍福は糾える縄の如し。
ということで頑張ろう。

途中、GAKU☆さんが顔を出すも満席にて退場。(笑)
どこ行ったの?

●麻布 和可奈
港区麻布十番2-12-8 TAKEDA BLDG 2F/03-5443-1339/休不詳

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 18, 2006

Bar OAK

故人が愛した東京ステーションホテルのバー。
僕たち夫婦のお仲人も務めていただいた星谷明さんを偲んで。
たくさんの友人知人が集まっている。
僕はその中では最若輩者の一人。
各人が故人を偲んでスピーチをするだけで終宴。
「しのぶちゃんを泣かせてないだろうな」と会う度に凄まれたっけ。
全然泣かせてないのに。(笑)
会を終えてステーションホテルのロビーを出る。
丸の内南口改札に続く道すがら、
飲料の自動販売機の上に何故か、黒猫が一匹。
まるで僕を待っていたように、こちらを見る。
もしかして故人?
だから、ちゃんと妻を大事にしています、ってば。(泣笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2006

ひさびさのヨッシーともも

仲良し。手が重なってる。

IMG_1794

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 15, 2006

社交バー Oasis

おそらく麻布十番で絶対に行くことがないだろう、と
思っていた夜子ママの店にひょんなことから行くことに。

どんな夜だったか思い出しながら書いてみる。
数年前某ラジオ局のリスナーコミュニティをプロデュースしたことがある。
いまや結構なヒットコンテンツとなっている某クラブ組織。
その当時お世話になったお偉い様から呼び出しにて夕食。
場所は松玄。そこで広告会社女性社長を紹介頂く。
お会いしてみると、あれ?
以前テレビに映る姿を観ながら
妻が「この方知り合いなの」と話していた女性。
元ミス日本さまでないの。
「奥さまによろしく~」と、
いきなり知り合いモードに転じてのご相談を受ける。
彼女のクライアントの広告戦略のお話。
お偉い様にもお願いされ、当然やることに。
ビジネスの話も終わり、蕎麦で〆。
「では~」と帰ろうとする僕にお偉い様からダメ出し。
この近くで昔行ったことのあるお店があるので行こう、とのこと。
聞けば「Oasis」というお店らしい。
あの~、「30分くらい付き合ってよ」ってノリで行く店じゃないのでは.........。
と申し上げたのですが、そのまま突入と相成りました。

で、バナナワニ園のような内装のお店にGo!
ステージでは夜子ママとOasisガールズが踊っています。。。

 ♪男は武士道!
 ♪男はココロザシ!

なんか凄いところに来ちゃったよ、おれ。(泣)
途中、ラスベガスから来たというマジシャンのショー。
当然、件の女性社長はマジックショーに駆り出されるわ、
お偉い様はマジックに野次飛ばすわ、で何だか訳分からん。

夜子ママのスピーチもあり、セーラームーンみたいな棒持って
「これからは魔法使い夜子ママとして世界を周ります!皆さまよろしく!」
「‥‥‥」

お客さま方はきっと凄い人たちなんだろうな。
俺も偉くなって毎晩、.........やっぱりいいや。(笑)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

DoCoMo NM850iG

nm850igとうとう来た。DoCoMoのノキア製FOMA端末
W-CDMAとGSM対応だから
世界中で使える点は702NKと同じ。
おおっ、ようやく春が来たか、と思ったのも束の間。
よくよく調べてみるとベースはNOKIA6630だけど
どうやらDoCoMoらしく機能をむしろ限定しちゃっているみたい。
POPメール(所謂PCメール)やウェブブラウザも載せてないし、
これじゃあ単なる世界で使えるi-mode端末という感じ。
うーん。フクザツ。Vodafone 702NKの方がいいかも。
M1000はi-modeを削ってあるし、NM850iGでは
PCメールやブラウザを削ってあるし、決定版にならないのが悔しい。
もう少し顧客ニーズにジャストミートする商品作って欲しいよ。(泣)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 09, 2006

伊福部昭氏、ご逝去

godzilla8日夜東京都内にて。享年91歳。
芥川也寸志、黛敏郎などの師。
作品は土俗的な舞曲が多い。
伊福部作品で中核を成すのは
映画『ゴジラ』の音楽だ。
都市化、近代文明へのアンチテーゼが通底する。
ゴジラは自然から生じた超自然であり、
それが近代文明を破壊する物語はある種の「鬼神譚」なのだ。
日本人は鬼神に自然を映し、それを畏れ敬う。
ハリウッド版の“GODZILLA”はただの怪獣(恐竜)話なので、
日本人の心に迫らないのも当然だろう。閑話休題。
今夜は代表作『シンフォニア・タプカーラ』を聴いてみよう。
映画音楽に巨大な足跡を残した、異能の作曲家に合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 08, 2006

納豆ぞうすい

寒いから温かいもの食べよう。でも疲れ気味だから身体に良いもの。
そんなときはこれ。名前から想像するよりもずっと食べやすく美味しい。
個人的には麻布十番の名物としたいくらい。(笑)
予想最高気温を十度も下回った昨日。(おいおい!)
納豆ぞうすいはいつもどおり温くそして美味しく、満足して帰りました。

●AMANOYA
港区麻布十番3-1-9/03-5484-8117/不定休

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 07, 2006

VOLVER

豆源交差点近くのお花屋さんビスコのビルにあるビストロ。
昨夜、初訪問。
プリフィクスのメニューが前菜とメインで\2,800でした。
お味はまずまず。ちょっと俗っぽい味?
お酒を入れるとコストパフォーマンスは微妙な感じ。

TBC..........

●VORVER
港区麻布十番2-3-12 ビスコビル2F/03-5765-2920/休不詳

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2006

節分

ようやく本厄から脱却。
後厄の1年を慎重に行きたいものです。
その後は飛躍の年に!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 02, 2006

楽醤

ランチの「ふかひれそばセット」でお世話になっている桂亭。
そのビルに入る韓国家庭料理の新顔。
たまたま叙々苑に入れなかったので思いつきで入店した。
(GAKU☆さん、またフライングしちゃってゴメンね・笑)

まだ存在を知られていないのか、結構空いている。
蒸し鶏と野菜のサラダを頼み、続いて焼肉に。
こちらの焼肉は石焼。
網焼き(炭焼き)よりは脂が落ちにくいので、少しコッテリ。
全般に味は好み。空いているのはいい。
ただピアノの演奏が入るのはちょっと「?」かなあ。(笑)

●楽醤(ラクジャン)
港区麻布十番2-3-9/03-5484-7550/休不詳

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 01, 2006

長者教

先日浜松に出張する新幹線内の“WEDGE”で読んだ記事。
作者不明の『長者教』が示唆深い。
毎年の難題仕事「倫理観調査」のネタはこれにしよう。
日本人の「お金の倫理観」調査、面白いだろうね。
かの事件がどのように影響しているかな。

長寿教のエッセンス。

なににつけても金のほしさよ。それ金は火に入れても損せず、
水にいりても朽ちず、いよいよ光増す物なれば、
かまだや、なばや、いづみ屋、この三人の金言を、
よくよく分別して、一分一厘にても疎かにつかふべからず、
これ、長者教のこころなり。

かまだや、なばや、いづみ屋は3人の長者。
それぞれの教えはこう。

かまだやが説くのは「貯蓄」。
なばやは「倹約(=始末)」。
いづみ屋は「分別」を説く。
いづみ屋がまとめを説くのだけれど、こんな感じ。

常に身の程を知って諸事控え目に過ごせばその身を保つこと疑いなし。
生きていく上で大切なことは、才覚始末と自らの業専一に励むことである。
思慮分別によって長者となることもできるが、楽に居れば悪業に
走ることが多いから、貧に居て身を慎むるに如かず。

なるほどなあ。

面白いのが、「ふくのかみ十人御子」と「貧乏神十人御子」というやつ。

ふくのかみ十人御子。

 たくわへ太郎たねもち(貯え)
 あさおき次郎むねきよ(朝起)
 さんよう三郎かねます(算用)
 うちゐの四郎いえよし(内居)
 五じやう五郎なおます(五常)
 えしゃく六郎ためよし(会釈)
 ありあひ七郎むねやす(あり合わせ)
 しんしゃく八郎すえよし(斟酌)
 ものこらへ九郎しげよし(耐乏)
 こころだて十郎すえたか(心だてが良い)

貧乏神十人御子。

 だてしの太郎(伊達好き)
 ぶぎやうぎ二郎太郎(不行儀)
 ものずきの三郎二郎(物好き)
 人あつめの四郎三郎(パーティ好き)
 女ばうさり五郎四郎(女房去り)
 けいづだて六郎太郎(系図立て)
 大火たきの七郎二郎(過剰暖房)
 けん物好み八郎三郎(物見遊山)
 あぢわいぐち九郎太郎(グルメ)
 あつぎしの十郎四郎(厚着仕)

麻布十番ご近所会なんか、まさに貧乏神派ですね。。。。。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »