« 天空を凝視めるヨッシー | Main | 今日のもも »

September 04, 2006

パスカルは言う

Pansee哲学をばかにすることこそ、
真に哲学することである。

  [第一章 精神と文体とに関する思想 四]

世の大半が批判することは、
その批判をこそ批判すべきである。
巷間の些事に思うところあり、
パンセ (中公文庫) いつ読んでも示唆に富む。

|

« 天空を凝視めるヨッシー | Main | 今日のもも »

Comments

パスカルのパンセですか。哲学していますね(笑)。大学時代パスカルのパンセを原書で読む授業を取っていましたが、原文の難しさ+物事を深く考えることを知らなかった女子大生には理解できず、無駄な時間となりました。

人間は自然の中で一番弱い。 しかし人間は考える葦である。
あまりにも有名な冒頭のフレーズが頭に残ったまま、月日がたち。

私はデカルトのJe pense, donc, je suis.(我思う ゆえに我あり)をよく口にするようになりました。

そして先日仲間うちで飲んでいるとき、この後にEt,vous etes(貴方orあなた方が居る)というフレーズが頭に浮かび、思わず口に出していました。ビジネス、人生(経験)におけBe togetherがテーマだったのですけど(笑)。 自己だけではなく真の意味で他者の存在を認める。 これは出来ているようで意外と出来ないもの。ようやくまっとうな人間になったのかな。 気が付くのが遅いって気がするけどね。 
機会があればパンセについて考える会でもしますか。

Posted by: simone | September 05, 2006 at 12:30 AM

simoneさん、panseeについて考える会、いいですねー。
ってどんな会やねん。
場所は何処やねん。
やっぱりcogitoでしょうか、ね。(笑)

Posted by: umi | September 05, 2006 at 03:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71476/11757437

Listed below are links to weblogs that reference パスカルは言う:

« 天空を凝視めるヨッシー | Main | 今日のもも »