« March 2007 | Main | May 2007 »

April 30, 2007

生きて死ぬ私

Ikite_sinu異邦人として読むことで改めて感じることもある。だから旅で本を読むのが好きだ。今回のパリ行きでは茂木健一郎、フーコー、バルト、レヴィ・ストロース、アイザック・アシモフ、それに内田樹をお供に。空から大地を眺める。それだけで、僕たちの精神はいつもの日常とは少し異なったモードを得る。そして、自らが何らの繋がりを持たない異国の地に降り立つ自分。何とも軽く、捕われることのない自由な心。パリの空気が軽く感じられるのは、そんな心の影響なのかもしれない。茂木健一郎30代初めの随想集「生きて死ぬ私」の気分はとても爽やかだ。若い活力と知性そして柔らかな感受性が漲っている。空を見たり、星を見たり、心を見たり。そうしたことが何故かとても大事であると再び強く思う。そして、それを愛する自分を再認識する。共感するという意味で、彼、茂木健一郎は僕そのものだ。

現代社会を生きる人間の存在価値も多重の意味の糸によって編まれている。異国の地にある僕は、一時的に糸の切れた凧のように自由だ。どこにもつかまるところがない。だから僕は僕でいられる。でも、それが本当の僕なのか。パリに1週間いれば、なんとなくここでの暮らし方が分かってくるような気がする。それはここでの糸に搦めとられていく過程なのだろうが。パリにいるとき、僕は東京にはいない。そのとき東京にいる僕と言う可能性は死んでいる。彼は無数の実現されなかった可能性の存在を僕らに向けて言う。それは「いま・ここ・わたし」とは何なのかを考えるひとつの契機を僕に与える。同時に「いま・ここ・わたし」という一点に収斂しない、切り捨てられた可能性、書き換えられた意味、かき消された歴史を指摘したミシェル・フーコーを僕に想起させる。

僕たちは、僕は何か、を問うだけでは不十分である。常に僕以外とは何か、に想像を馳せなければ。そんな思いに満たされながらマドレーヌ寺院で聴いたモーツァルトのレクイエムを、まさに実現されなかった可能性への弔いの歌として僕は捉えていた。東京を離れて心を自由に泳がせるのも悪くない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Bistro Saint-Honore

妻がブルゴーニュ風の赤ワイン煮とかポトフが食べたいと言い、
何となく選んで行ってみたが、最後のディナーはハズレ。(笑)
ルドワイヤンで修行したという人のお店で、
JALのガイドにも載っているのだけれど、
不味い、高い、多いの3拍子そろったお店。
辛かった。お薦めしません。

TBC.........

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2007

パリの物価

ユーロ高(円安)は相当の水準に達している。
パリの普通の人々の生活はどうなっているのだろう、
と心配になるくらい。
今回滞在時のレートは概ね1ユーロ=166円。
両替の手数料などを入れるともう少しユーロが高い傾向となる。

市中のキオスクやモノプリなどで、
 サンドイッチ4ユーロ(664円)
 ミネラルウォーター1.7ユーロ(282円)

高級ホテルやトレンド系のレストランでは、
 カクテル24ユーロ(3,984円)
 ビール6ユーロ(996円)
 サンペレグリノ6ユーロ(996円)
 チーズケーキ10ユーロ(1,660円)
などといった具合だ。

ランチでサラダやパスタとミネラルウォーター、ワイン1杯ずつ。
これにデザートとカフェを付けると軽く10,000円コース。
普通のビストロでディナーコース、ミネラルウォーターと
ワインデキャンタでたちまち20,000円。ちなみにカフェ抜き。
感覚的には東京の1.5倍から2倍くらいの価格と思う。
東京では、アロマフレスカのコースが9,500円だよね、確か。(笑)

雰囲気や気分はPricelessって、
それも気分なのだよ、マスターカードさま。
ここまで高いとなんだか東京がすごくいい街に思えたのでした。
東京は本当にいいよ。
物価も安いし、美味しいし、いろいろあるし。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2007

Mozart Requiem

パリでは必ず“Pariscope”を購入し、コンサートをチェックする。
今回はSalle PleyelでのL'Orchestre de Parisのコンサートは
スケジュールとうまくフィットせずに断念。
代わりにElise de Madeleineでモーツァルトのレクイエムを聴く。
演奏者については詳しく知らないが、
おそらく国内(或は市内)のアマチュア或はセミプロと思う。
滞在中に同じ場所違うオーケストラでヴィヴァルディなどの
バロックコンサートもあったのだが、
荘厳な聖堂での演奏はレクイエムの方が雰囲気だろう。

曲はシューベルトのアヴェマリア、
ドヴォルザークのスターバトマーテル、
そしてモーツァルトのレクイエムである。
教会特有の残響が最初聴きにくかったのだが、
途中から聴き方が分かって来た。
コンサートホールのように聴き取ろうとしないで感じればよいのだ。
宗教における音楽の役割とはこうしたものだったのだろう。
その刹那、音楽についての新しい直感が僕に訪れた。
指揮者は司祭で、演奏者は巫女なのだ。
教会音楽に顕著であるが、音楽とはやはり祭礼なのだな、と。
無意識から何かを取り出してくる或はそれを促すのが音楽の役割。
そのための舞台装置として考案されたのが
こうした場所だったのだろう。
演奏の巧拙ではなく、今宵の演奏はそうした意味で成功していた。
早いテンポで進むレクイエム。
ラクリモーサは思い入れたっぷりの演奏で感動的だった。
R0010288

●演奏曲目
   Ave Maria (Schubert)
   Stabat Mater (Dvorak)
   Requiem (Mozart)

●演奏者
   Choral Amadeus et l'orchestre Jean-Lous Petit

●会場
   Eglise de la Madeleine

| | Comments (0) | TrackBack (0)

la casa dell'Estelle

メトロのMadeleineとHavre Caumartinの間。
我々の定宿からかなり近い場所にあるイタリアン。
ビストロ料理も少々飽きたし、ということで
マドレーヌ寺院でのコンサートの前に行ってみた。
フランス人にしては大柄な男性3人がお出迎え。
ご当地の人々に混じって、カナダ、USA、
日本などからのお客さんも結構多い模様。
耳を澄ますと、かなりの確率で接客は英語だった。
お店はモダンな作り。
パリのイタリアンは所謂地方色の濃いところが多いので、
こうしたスタイリッシュなお店は意外といい。

 モレッティ
 カプレーゼ
 ラグータリアテッレ
 ティラミス
 カフェ

ティラミスがやたらでかくて参った。
大きいんじゃない?甘いんじゃない?って確かめたのに。
デカイ器の両側から夫婦で切り崩していったけれど、
途中で断念。
店の男性が「ベルリンウォールかい?」なんて冗談を。
味も割と薄味。サービス良好でなかなかの好印象でした。

la casa delle'Estelle
14, rue de Castellane 75008 Paris/01 42 65 41 56

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Restaurant de Palais Royal

今回の滞在で一番期待したレストラン。
パレロワイヤルの奥にあるレストラン。
かなり人気と聞いていたので、予約してGo。
実際、よいお店でした。

TBC...........

Restaurant de Palais Royal

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2007

Mont Saint-Michel

一度は見てみたいと思っていた場所。
西洋の奇形、モンサンミッシェル。
遠くからその輪郭を望んだときが一番神秘的だった。
実際のその場所は、巡礼地というよりは観光地で、少々興ざめ。
俗説に「シンデレラ城」のオリジンなどと言うが真偽のほどは怪しい。
ディズニーが監獄をモデルに物語を構成するとも思えないし。
R0010281

| | Comments (5) | TrackBack (0)

絵のような風景

ノルマンディに向かうバスの車窓から。
このエリアの人口は300万人、牛は600万頭とのこと。
フランスが農業国であることを改めて実感する。
少し遅めのシャッタースピードだと手前の花々が流れていく。
R0010222

| | Comments (1) | TrackBack (0)

April 26, 2007

NOKIA E61 in Paris

いろいろと不安を抱えたまま、E61を携えてパリへ。
しかし多くは杞憂に終わった。
CDG空港のパスポートコントロールを出て、
早速スイッチをオン。Gmailを読みに行く。
アクセスポイントはmeperaUを選択し、OKをプッシュ。

どうなるかな........

おおっ。
無事Gmailを読み出した。
ほっと一息。
これでフランスでもほぼ確実に
メール&ネット環境を手に入れたことになる。

よくみるとローミングしている先はBOUYGUES TELECOM
つまり3Gではなく、GSMに接続しているわけだ。
E61はW-CDMAとGSMのトライバンド携帯なので
当然といえば当然なのだが、SIMはドコモのFOMAカードのまま。
ということは!
FOMAカードをE61に挿せば、
GSMのネットワークにも入れる、ということだよね?これ。
そしてGSMでもパケット通信できてる、ってことだよね?
FOMAしか契約していないので、
当然3Gでの接続になるものと思っていたけれど。
もしかすると、他のGSMエリアでも使えるのかも知れない。
詳しい人がいたら、教えてもらいたいところだ。

事実、妻のSH903iはローミング仕様だが、Orangeに接続している。
つまり純正FOMAは3Gのネットワークにしか接続しないのだ。
ノルマンディに向かうバスの中ではOrangeの3Gは圏外に。
E61はGSMを掴んでいるので、バリバリに圏内。
この話題、ウェブで検索してもなかなか出てこなかったのだけれど、
FOMAカードで使えるSIMロックフリー携帯が3Gだけでなく、
GSMエリアでも使えるとしたら、ものすごく嬉しい誤算。
本当なのかな?
もしかしたら気のせい?

ちなみに、SH903iとの通話は日本とまったく同じでOK。
moperaUも何の設定もなく、海外でもパケット通信可能。
日本の携帯もだいぶ開けてきたなあ、と感慨に耽った次第。
後は請求がどうなるか、だけ.............

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Musee de Orangerie

いったい何年間、改修に要していただろう?
過去2回パリを訪れたときにはまだ改修中で、
モネの睡蓮の部屋を訪れることは叶わなかった。
代わりにGevernyを訪れたが。
今回ようやく十年以上振りのオランジェリー美術館を訪問。

新しくなったファサード。
R0010217

内部はガラスとコンクリートでモダンな構成。
R0010214

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2007

LE RESTO

僕らの定宿から一番近いレストラン。
お買い物ついでにランチで寄ってみた。
ここは地元民でかなりの賑わい。
結構美味しいのかも。
まずは今日のメニューを男性が持ってくる。
でも英語がダメとのことで、マダムが登場。
二人とも昔のフランス人とは思えないサービス精神。
辞書まで持って来てくれて、
一生懸命メニューを解説してくれた。Merci!!!

ビールは1664bySTARK、お洒落系です
 ラビオリ
 子牛のブルギニョンこちら風

かなり美味しいお店でした。
地元民で溢れているのも納得です。
最初にメニューを運んでくれた男性は
その後、通りすがりにも目で挨拶してくれたり、
なかなかのホスピタリティで和ませてくれました。

LE RESTO
10, RUE DE CASTELLANE PARIS 8/01 40 07 99 99

| | Comments (1) | TrackBack (0)

3年ぶりのパリへ

ジュエリービジネスのインプットのため、2004年以来のパリへ。
気温28℃。予想を裏切られる好天だ。
東京よりも空気が軽く感じられる。空も青い。

R0010387

Pont Neufから空を見上げて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2007

麻布サロン3周年

妻のジュエリーサロンがオープンして3周年ということで、
親しい方やお客さまをお迎えして小さな謝恩パーティを開催。
場所はこじんまりとブリアンツァにて。
この春からはオンラインショップも立ち上げて、
なかなか精力的な仕事振りの妻、最近はブログも始めたし。(笑)
もちろん僕も応援しております。
お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

R0010081

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2007

続・スクラップの詩

生まれ変わったら、僕は何になるのだろう。

R0010042
R0010044

| | Comments (0) | TrackBack (0)

燕・スクラップの詩

次に生まれ変われるのなら、わたしはスプーンになりたい。

R0010049

R0010051

| | Comments (0) | TrackBack (0)

杭州飯店

dancyu 3月号「ラーメンの新常識」で見て気になっていた燕ラーメン。
そうしたらなんと燕での仕事が始まったではないか!
出張で訪れた今日、噂の背脂どっさり極太麺と初めての対面、対麺、体験。
餃子も頂いたけれど、これまた油まみれ。
寒い中に出前しても冷めないようにと、
背脂で「蓋」をしたのがこのスタイルの始まりだとか。
ところが味はさっぱりしていて、意外とすんなり食すことができた。
しかし迫力ある食べ物でした。
普段は食べ物を撮らない主義だけど、今日は特別にアップ。

R0010061
R0010059

●杭州飯店
新潟県燕市西燕49-4/0256-64-3770/月休

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 16, 2007

CWG

明日から出張の僕。
不在中の妻が少々かわいそうかなと思い、
美味しいお食事を求めて雨の中CWGへ。
今回はチョイスがうまく行き、大ヒット。

 ホワイトアスパラのババロワ 海胆添え
 フォアグラのポワレ 大根とともに
 鶏挽肉と牛蒡のリゾット

シーズナルメニューがハマるといいねー、ここは。

●CWG(California Wine Garden)
港区麻布十番1-7-7 はせべやビルB1/03-5770-7888/日休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2007

お墓参り

なにやら忙しい中、時間を作ってマリンに会いに行く。
桜の時期、六本木の片隅の小さなお寺は八重桜が綺麗だ。
この風景を見ながらお墓まで毎年歩いていく。
それぞれが可愛がっていたであろう、ペットたちの面影。
好きだったであろうフードや、玩具、お花とポートレートの数々。
そこにはそんな人々のペットたちへの愛情と惜別の悲しみが溢れている。
悲しい、でも清らかな場所。
きっとこれからも可愛がっていたワン公やニャンコがいなくなって
悲しみに暮れる人がここにはたくさん訪れるはずだ。
そしてその悲しみの中で、他の多くの人々も自分と同じようにペットを愛し、
それを失って悲しんだことを知って、きっと慰められることだろう。
僕たちのように。
六本木交差点はミッドタウンと六本木ヒルズを行き交う人でごった返している。
我家の可愛かった初代猫マリン。
逝ってからもう4年にもなるのだね。
東京も結構変わっているものね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2007

味覚

夕方からオフィスにて、某社向け企画会議。
前職の先輩を迎えて侃々諤々のプラニングを終え、
外は雨だけれど、どこかで一息の流れ。
先輩に連れて行って頂いたのは、西麻布の味覚。
はじめて訪問した。
墓地下のかおたんラーメン傍。
10席に満たない小さなお店だ。

席に着き、ビンビールを。
こちらはサッポロの黒ラベル。
いい。
突き出しの蛍烏賊ポン酢がピリリと辛くて旨い。
ご主人のお奨めで、刺身を摘む。
次いで、本ししゃも。
日本酒に変えて、ゆっくりと話し、飲む。
そして年中食べられるというおでんを数種。

銀座界隈のお店ほど濃く黒くないお出汁。
しかし京風や関西風とははっきり異なる江戸風だ。
この塩梅は好み。
職人肌のご主人と奥様も思いのほか怖くなく(笑)
楽しく食事をして散会。
プレゼンがうまく行くことを。

●味覚
港区西麻布1-15-3/03-3405-4728/日祝休 

| | Comments (2) | TrackBack (1)

April 07, 2007

田園調布にて

今日初めて南北線で目黒の先に行きました。
田園調布って一本で行けるのですね。
吃驚、感激です。
武蔵小杉が終点なのは知っていたので、
そこから東横線で戻るのかと思ってました。
彼の地を初めて歩きました。
あたりまえですが、いいところ。

今日のパーティは有元葉子さんの御宅にて。
モダンな建築は宮脇檀(みやわきまゆみ)さん。
以前にも書きましたが、氏の著作は十番ご近所会のネタ本
美味しい御料理の数々、ワイン。
楽しい時間は深夜まで続きました。
有元さん、他皆さま、お招きいただき本当にありがとうございました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二の橋にて

夕刻、パーティに向かおうと家を出ると、
二の橋交差点、中央分離帯の縁石に乗り上げた車が一台。
JAFも来て、ちょっとした騒ぎに。
お気の毒です。
クアトロシステムで全ての道を走破することが売りのアウディオールロードも
縁石に上がっちゃったらやっぱり駄目なのね。
まあ、確かにロードじゃないもんな。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2007

Chameleon

行こう行こうと思いつつ、幾星霜。
ようやくN翁と某高級車輸入商社にお勤めのAさんと初訪問。
東麻布の路地のちょっとした隠家イタリアン。
お料理は和伊折衷の懐石風でした。
仕事論、プロ論、最近の若者論などなど。

 アミューズはアサリのマリネ
 グリーントマトとアーモンドのパッパ
 山葵菜のソテー焼蚕豆としらす
 蛍烏賊と筍オリーブソース
 桜鯛と白アスパラ
 山菜のラヴィオリ タンバル型の米 兎の軽いラグーソース
 細マカロニ 蕗と葉牛蒡のソース
 季節のグラニタ
 和牛ロースト
 生ハムのコンソメ ふわふわ玉子とアーティチョーク
 ドルチェ&カフェ

帰り際には萩原シェフにもご挨拶。
美味しゅうございました。
東麻布は未開拓店多しということもあり、次回は妻と再訪したい。

●Chameleon(カメレオン)
港区東麻布1-17-9/03-5545-3680/休不詳
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2007

嘉賓

今日は朝から四谷で会議。
その後、大先輩のicydogさんとランチ。
これまた新入社員時代によく来た嘉賓で牡蠣油焼そば。
美味しく、そして懐かしい時間。

●嘉賓
新宿区四谷1-7 第三鹿倉ビル2F/03-3358-7912/休不詳

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 04, 2007

ふぁっしょん浮世草子

遅れてきた悪天に耐えかねて、
スプリングコートを物色中に発見。
昔、公園通りでファッションの定点観測を
アクロスがしていたのを思い出すなあ。
でも、この仕事は本当にスゴイし偉い。
拍手を贈りたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2007

哲学堂の桜

妻と桜を見に行く。僕が学生時代に行った中野の哲学堂。
すっかり変わっていて驚く。少し寂しくもあり、でも懐かしい場所。

Sakura

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »