« JBL on station micro | Main | 恵比寿 飛騨屋 双六 »

November 15, 2007

アンリ・ベルクソンの哲学

Jikantojiyuu仕事を切り上げて、とある研究会に参加。
少し遅れて会場に入る。
今日の論題はベルクソンの哲学。

 「空間」と「時間」
 「延長」と「持続」
 「量」と「質」

ベルクソンの哲学はカントを下敷きにしており、
これをキチンと読んでいない僕にはキツい。
しかもカントを理解するには、デカルトを理解していないと。
ということでまったく分からず沈没。(笑)
しかし、数量化するという行為と
本質を把握するという行為はいつも僕の仕事の中にある。
質の差異の把握が数量化とどう異なるか、
という点においていろいろと刺激になった。
面白かったけど、知恵熱出そう。(笑)
この他、「三匹のこぶた」を題材としたイメージと日常生活に
ついての考察は僕にとってブランド論に通じる新しい発見があった。
うーむ、仕事にすごーく役立ちそう。
研究会の皆さま、どうもありがとうございます。

|

« JBL on station micro | Main | 恵比寿 飛騨屋 双六 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71476/17103037

Listed below are links to weblogs that reference アンリ・ベルクソンの哲学:

« JBL on station micro | Main | 恵比寿 飛騨屋 双六 »