« December 2007 | Main | February 2008 »

January 24, 2008

カフェ・ド・シンラン

銀座大野から流れて。
ソトコトの小黒さんプロデュースのお店。
N翁と小黒さんは所謂旧友同士。
当然、こういう流れになります。。。。

ドアを開けると早速大御所が会食中。
おそらくクライアント筋と代理店筋。(笑)
さてどんなお話してるのでしょ。

しかしこの場所、断熱されていないので、
寒さが身にしみる!
石油ファンヒーター&ひざ掛けで完全武装。
そのうえ、僕は最後までコートを脱ぎませんでしたとさ。

坂本龍一教授が出演するヴィデオをぼんやり見ながら
キャンティリゼルヴァを1本、2人であけて散会。

●カフェ・ド・シンラン
中央区築地3-15-1/03-3248-0010/日祝休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

銀座大野

今日は某所で某社の研修講師。
朝から夕刻まで続く。
若い社員との交流は、結構面白かった。
でも十数名を前にしてのコミュニケーションは結構疲れる。
一人一人の理解を汲み取ろうとしてしまうから。
もっと多ければ、そういうやり方に変えるのだけれど。
でもきっとよい講義になったような気がする。
うん、そういうことにしよう。

夜はその某社の監査役N翁のアレンジで銀座へ。
ミシュランで星も獲得している大野で会食。
おいしゅうございました。
でも量、多いかな。僕には。

その足で築地本願寺へ。
的はカフェ・ド・シンラン。

●銀座大野
中央区銀座7-2-20/03-3571-4120/休不詳

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 22, 2008

IZAKAYA VIN

前職の先輩と渋谷でワインを。
今年の協業や目標の話を肴に。
フランスワインを飲みつつ、
ビストロ料理を頂く。

渋谷にはあまり知っているお店がないので、
こういうところを教えてもらえると嬉しい。
いつも車で動いていることもあり、
すぐ麻布十番まで帰ってきちゃうのだ。
でもこんなお店があるのなら、
これを楽しみにバスで来てもいいかな。

●IZAKAYA VIN
渋谷区道玄坂1-5-7/03-3496-2467/日休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2008

東京フィル第746回定期演奏会

高関健の指揮でブラームスチクルス。
今日は4番、2番。
TBC.........


●演奏曲目
 ブラームス/交響曲第4番
 ブラームス/交響曲第2番

●演奏
 指揮:高関健
 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2008

きたむら

至福のマンション寿司。

妻のビジネスの一区切りお祝いで
協力してくれた方やスタッフを集めて会食。
寿司ということは決まっていたものの、
近場でいいところはあまり知らないし、ということで
鮨キチの某社長にお伺い。

「きたむら。最高にいいですよ。」

とのメールを頂いて、ここに決定。

西麻布は星条旗通りのマンションに潜む、
いわゆるマンション寿司。
本当はカウンターに座りたかったけれど、
人数の関係でお座敷に。

白身の握りからいきなりスタート。
何とも可愛らしく、小ぶりなお寿司だ。
握りとつまみを織り交ぜて、品数はかなりのもの。
がっつりたらふく頂くという満足感ではなく、
テンポよく、ほどよく飲んで食べる感じのお店。
僕はこれはこれで評価します。

●きたむら
港区西麻布1-4-41/03-3746-8825/休不詳

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 13, 2008

ONKYO CBX-Z10

Cbxz10妻がFMを聴きたいと言い出す。
待ってましたと有楽町で買って来たのが、
ONKYOのCBX-Z10。
というのも先日購入したJBL on station microが実は全然ダメ。
iPodからノイズを拾ってしまって、
夜聴いていると気になって仕方なかった。
一度商品を交換してもらったのだけれど、
それでもダメだったので、根本的にダメな商品なのかも。
on station IIは良い製品だったのにね。。。。
このONKYO CBX-Z10に替えて、
サイズはだいぶ大きくなってしまったけれど、
FMも聴けるし、音は格段にスケールアップ。
当面はこれで寝室の音楽環境は完璧。
JBLは海外旅行用に格下げかな。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

January 11, 2008

ON THE HILL

恵比寿でのミーティング&新年会から流れて。
巨匠から年賀状も頂いていたし、
昨年はあまり顔を出すことができなかったので。
ソムリエの資格も取得して、ますます楽しげな巨匠。
白赤1杯ずつ頂いて退散。
また行きます!

●ON THE HILL
渋谷区恵比寿西2-15-9/03-3463-2844/土日月祝休

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 02, 2008

東京フィル ニューイヤーコンサート2008

Orchardhall新年最初のコンサートは渋谷のオーチャードホールにて、東京フィルのニューイヤーコンサートである。オーチャードホールは好きなホールではない。エントランスが松濤の住宅地側に面していて華が無いし、ファサードが貧弱。クローク他の施設もお世辞にも良いと言えない。更に駐車場からのアクセスが小さなエレベ−ター2機のみで終焉時には大混雑する。しかしそのような些事よりも音響が問題である。ピットから音が上に抜けて行く特徴があるようで、1階席の音響が悪く、かといって2階席では距離があってNHKホールで聴いているような寂しさだ。この印象は随分以前に、インバルがフランクフルト放送交響楽団と来日した際のマーラー交響曲第8番を勇んで聴きに行って落胆して以来、大きく変わっていない。しかし東京フィルはここが本拠地。僕の好きなサントリーホールがアウェイなのだから仕方が無い。

今日のコンサートは「どこかで聴いたあのメロディ」という企画で編まれている。小曲はそれなりに魅力的なものが並べられた。幕開けはワーグナーの歌劇「ローエングリン」から第3幕への前奏曲。これはなかなかよくまとまった好演。続いてプッチーニ「トゥーランドット」より高名な「誰も寝てはならぬ」を管弦楽のみで演奏。ウェーバーの「舞踏への勧誘」で少しばかりウィンナワルツを聴かせて、「剣の舞」と「火祭りの踊り」でリズムを、最後は僕の師(笑)外山雄三氏による「管弦楽のためのラプソディ」で第一部を締めくくった。指揮は金聖響。将来を嘱望されるサラブレッドと言ってよい指揮者だろうが、この人の指揮する舞曲は好きではない。印象としてはぬるく、切れが悪い。「剣の舞」はハチャトゥリアン自身が指揮したウィーンフィルの演奏の迫力はどこにも見られず、ポピュラー風。「火祭りの踊り」はこれまたアンセルメが指揮したスイスロマンドの切れには遠く及ばず、スリリングな魅力もゼロ。家族で楽しむコンサートでこんな印象を持つのも野暮なのかも知れないが、まったく食い足りない演奏だった。

第二部はソロヴァイオリンに古澤巌を迎えて、チャルダッシュ、ロマンス、ツィゴイネルワイゼン。こちらは楽しめた。古澤のヴァイオリンにはやはりソリストとして相応しい艶があった。カリブの海賊風の衣装もご愛嬌。しかしツィゴイネルワイゼンではオーケストラとまったく合わず、アンサンブルも落ちまくっていた。やはり練習の時間があまり取れなかったのだろう。この点は残念だった。古澤自身の作品「愛しみのワルツ」は、おそらくピアノかギター伴奏でヴァイオリンソロを聴いた方が数倍素晴らしいだろうと思う。今回の演奏では編曲がいまひとつこの曲の魅力を演出できていかなかったようだ。よって星1つ。コンサートの最後はボレロ。無難かつ平板な演奏だった。

ニューイヤーコンサートの企画は結構難しいと思う。今回の企画はアリだと思うのだが、新年の幕開けの華やいだ雰囲気を作ったり、楽しい空気を作ったりという点で最高の演出が出来ていたようには思わなかった。個人的にはやはり人の声、つまり歌をもう少し聴きたかったのと、指揮の金聖響にもう少し面白い話をして欲しかった。全体に事前準備不足で楽しい演奏会になるにはもう一歩。一番よかったのはと聴かれたら、休憩時間に出て来た若獅子会の「獅子舞」と答えたい。今年の定期演奏会もなかなか魅力的に組まれているようだし、東京フィルにはよい演奏をたくさんしてもらえるように期待したい。

●演奏曲目
第1部
 ワーグナー/歌劇「ローエングリン」“第3幕への前奏曲”
 プッチーニ/歌劇「トゥーランドット」“誰も寝てはならぬ”
 ウェーバー/舞踏への勧誘
 ハチャトゥリアン/組曲「ガイーヌ」“剣の舞”
 ファリャ/組曲「恋は魔術師」“火祭りの踊り”
 外山雄三/管弦楽のためのラプソディ
(手まり歌~ソーラン節~炭坑節~串本節~信濃追分~八木節)

第2部
 モンティ/チャルダッシュ
 ベートーヴェン/ロマンス第2番へ長調
 古澤巌(寺田志保編)/愛しみのワルツ
 サラサーテ/ツィゴイネルワイゼン
 ラヴェル/ボレロ

●演奏
 指揮:金聖響
 ヴァイオリン:古澤巌
 司会:朝岡聡
 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2008

毛利 サルバトーレクォモ

箱根で年越しした元日の夜に訪問。
「あのデリバリーピザでしょ?」という妻を連れて。
ピッツァはやはり焼きたてに限るのだよ。

 カポナータのグリル
 ラグーのフェットチーネ
 マルゲリータ

今年の抱負とともに。

●毛利 サルバトーレクォモ
六本木ヒルズ ヒルサイド/03-5772-6675/無休

| | Comments (2) | TrackBack (0)

あけましておめでとうございます。

Img_4999年末駆け込みで何とか予約できた強羅。
やはり日本のお正月が一番です。
早めに麻布十番を出たものの、
強羅に着いたのは14時過ぎ。
チェックインしてお宿で一寝入り。
その後、早速温泉へ。
そしてお待ちかねの夕食。
うーん、最高。
除夜の鐘を聴きながら、
2008を迎えます。
幸せな眠りについた翌日は
朝からまたまた温泉へ。
お雑煮を含むお節を頂いて、
コーヒーを飲んで出発。
妻の希望で御殿場のプレミアムアウトレット。
元旦から凄い混雑の中、
少しお買い物。
秦野中井辺りの渋滞にも負けず、
途中NISSAN GT-Rに遭遇したりしながら17時過ぎ、ようやく麻布十番。

いつもならバタンキューのところ、温泉効果か元気な妻。
ということで夜は六本木ヒルズのセールへ。
今年の抱負を夫婦で語りながらのディナーを
毛利サルバトーレで終えて、長い一日に幕。
昨年の停滞を吹っ飛ばす、飛躍の1年になるといいなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »