« May 2008 | Main | July 2008 »

June 29, 2008

那須一泊

久々の旅行で休養するはずが、前日から発熱。
しかし、それを押して出掛けた宿は素晴らしかった。
「籠る」ということがこんなに魅力的だったとは。
一方、美味しいと評判のお料理の味は分からずじまい。
実に残念。再訪を期したい。

部屋付きの半露天風呂からの景色に癒される。
R0015559

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2008

Ferrari California

California2009年秋にデビューするV8フェラーリ。
さて来年の秋、ガソリンの内燃機関で走る自動車を
取り巻く環境はどうなっているだろう?
以前も書いたが、
自動車とはどうしようもなく人間的だと思う。
騒音や排気ガスをまき散らし、環境を削りながら走る。
ときにはアクシデントを発生させ、人の命を奪うことすらある。
しかし、刺激的で魅力的な愛すべき存在。
叡智を感じさせ、セクシーで、美しい。

環境のために人間をスポイルすることに、僕はやや躊躇がある。
環境保護が重要な課題であることは勿論理解できる。
何しろ我々は地球に生きているのだから。
しかし、人が人らしさを失ってでも環境を守るべき、とも聞こえるような、
そうした考え方には異を唱えたくなる。
自分と世界を調和させて認識するのが、大人の人間だろうと。

Ferrariは世界で一番人間的な自動車だと思う。
その存在は馬鹿馬鹿しく、しかしあくまで美しい。
最後に地球を走ることを許されるのは、こうした自動車なのではないか。
最後の最後まで人間を肯定する。
人間の持つすべての欲望や愚かさを肯定する。
そうした潔さがFerrariにはある。
最近、そんなことを思うようになった。
でも、買えないけどね。(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 19, 2008

軽井沢セミナー

昨日夜から軽井沢へ。
軽井沢ホテル協会での講演。
お題は、最近の消費動向について。
急な依頼だったのだけれど、毎日忙しくしていることもあり、
軽井沢一泊でちょっとお休みしよ、ということにした。
軽井沢プリンスをブックしたのだが、
随分久しぶりに宿泊したイーストにはスパが出来ていた。
これが思いのほかよかった。
軽井沢と温泉がくっつくと結構満足度高いですね。。。

R0015518

翌日は雨の予報もなんとか持つ。
千ヶ滝温泉ホテルで件のプレゼンテーションを。
ふう。
結果は上々。(だと思う・笑)
面白い機会を与えられたことに心底、感謝。
軽井沢のホテル経営者の皆さまとお近づきになれたからといって、
すぐ別荘が持てる訳でもないけれど、
なんか、彼の地を身近に感じられるようになりました。(笑)

その後、アウトレットを少し散策して帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2008

いまをいきぬく。

凄惨な事件にまた絶望を味わう。
7人の生命が奪われ、7つの世界が喪失した。
人の頭の数だけ世界は存在する。
現象主義の基本的な考え方だ。

「世界は主観を通して現れる」

フッサールの言葉である。
つまり、我々の世界は我々の意識を通じて知覚される。
極言すれば、我々は我々固有個別の世界を生きている。
それが分かれば、自分は、自分の世界の王となりうる。

「大切なのは二つの世界のバランスを取ること」

池澤夏樹は「スティル・ライフ」でそう書いた。

世界中の人が共有可能なリジッドな世界がある、
というのは幻想だと思うほうがいい。
多くの悲劇はそうした想像上の「確固とした世界」と
自意識との不調和によって引き起こされているような、
そんな気がしてならない。

人は確かなものを求めすぎている。
人生の不条理や理不尽と戦うための武器を求めすぎている。
でも、本当はそんなものはないのではないか。

不条理で出鱈目な眼前の現実。
しかし、それでも我々は「いまをいきぬく」べきと思う。

世界に寄りかかるな。
簡単に諦めるな。
簡単に答えを求めるな。

分からないことだらけ。
気に入らないことだらけ。
でも僕は、何も諦めず、何も分かった気にならず、
決して空走することなく、いまを全うしたいと思っている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

June 09, 2008

伊勢屋

一度も入らないまま、「玄海きよし」が閉店。
各所で「玄海きよしももう限界」という駄洒落を聞いた。(笑)
その後にできたのが、伊勢屋。
勢いで初訪問した。
というのも、松坂牛をメインとしたすき焼き、しゃぶしゃぶは
かなり高価で、ちょっと怯むのだ。
今回は松坂牛はやめて(笑)、普通の和牛で。

ここのオリジナルは「塩すき」という塩ダレで頂くすき焼き。
まあ、面白い。
肉の味は醤油ダレのすき焼きよりも分かりやすい気がする。
まあ、美味しい。
〆は伊勢うどん。これもまあ、いい感じ。

でも苦言を呈せば、料理、内装、サービス、価格のバランスが悪い。
料理や価格に相応しい内装やサービスではない。
なんかチグハグな感じ。

「だるま」のしゃぶしゃぶが4千円代で頂ける十番で、
変り種の「塩すき」が6千円~9千円。
少し厳しいのではないだろうか。
お肉は美味しいのにね。

●伊勢屋
港区麻布十番2-1-10/03-5765-2844/休不詳

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2008

目黒にて。

本日、ぶらりと立ち寄った某所にて、和尚に遭遇。
元気そうでなにより。
どうやら住職に返り咲いた(?)とのこと、
一層のご発展をお祈りしておりまする。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 07, 2008

L'ATELIER de Joel Robuchon

妻の誕生日祝いを家族で。
六本木ヒルズのロビュションは初訪問。
それほど期待していなかったのだが、
思いのほか楽しく美味しい時間が過ごせた。

TBC..........

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2008 | Main | July 2008 »