« July 2008 | Main | September 2008 »

August 30, 2008

Apple Wireless Mighty Mouse

Wirelessmightymouse久々のデジモノ購入。
自宅のiMacに繋いでいたマウスの
スクロールボールがどうやらお亡くなりに。
Apple Mighty Mouseの欠点のひとつが、
このスクロールボールなのだ。
掃除しても回復しなかったので、
Bluetoothのこちらをゲット。
単三乾電池2本が入って、少し重たいけどまあ満足。
これでKeyboardもMouseもワイヤレス。
いい感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2008

十番祭り、終わる。

結局、雨に祟られた3日間でした。
きっとビール、売れなかったんだろうなー。
雨の中、サブちゃんとOLD&NEWの面々をはじめ、
出展者たちは半ば壊れてました。(笑)

1日目は、新会社で飲み会。
2日目は買い出ししてお家。
3日目にようやくプチご近所会。
恩ちゃんバーから三郎君へ。
最後はいつものように、卵饂飩で〆。

やっぱり灼熱の十番祭りが「らしいな」という、
そんな感想を持った寒い夏の日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2008

十番祭り、始まる。

今日から十番祭り。
こんなに涼しいのは記憶に無い。
さて、どんな3日間になるかな。

三郎君とOLD&NEWのコラボ、
餅つきも楽しみ。

ではご近所の皆さま、
21過ぎに某所で会いましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2008

Q.E.D.Club

某社役員にお招き頂き、恵比寿で会食。
ひさしぶりにお会いしたのは、某キャスター氏。
その節はお世話になりました。
某ラジオ局のお仕事でご一緒したのは
僕が前職を辞した直後だから、もう7-8年前です。
相変わらずのバイタリティに感服しました。

ところで場所はQ.E.D.Clubの和食。
こんな場所があったのですね。
美味しゅうございました。

●Q.E.D.Club
目黒区中目黒1-1-29/03-3711-0006/月休

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 16, 2008

風姿花伝

初訪問。

行間はともかくとして、
結構お高いお店でした。
こんなお代なら、
Marche Aux Vinsに行きたかった。
と、若干後悔。

●風姿花伝
港区麻布十番2-8-10 パティオ麻布十番4F/03-5419-2451/月休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リゴレット バー&グリル

最近はランチに六本木ヒルズに行くのが、
我々夫婦のマイ(Our?)ブーム。
今日も出かけてみた。
車の最低車高が引っかからないのはパーキング2であることが
最近分かったので、そこに駐めて、エレベータで上がると、
ロビュションのパティスリーの近くに出てくる。
ようやくヒルズの構造が分かってきた気がする。

ウェストウォークと呼ばれるエリアは、
どうやら森タワーの低層階に当るらしい。(たぶん)
その5Fがレストランフロアになっていて、
先日は中村屋でカレーを頂いた。
今日は、初めて入るお店、リゴレット バー&グリルを選択。
結果、へー、いいお店だね、という感じ。
ここ、今年5月にオープンしたお店だそうで。

僕は、リゴレットバーガー(\1,250)、妻はこれに
アボカドが加わるアボカドバーガー(\1,350)を。
ウーロン茶とミネラルウォーターで。

ハンバーガーは結構イケル。
一月くらい前に、丸ビルのハレアイナ(?)の
ハワイアンバーガーを試したのだけど、あれはダメ。
こっちの方がぜんぜん美味しいと思います。
メッケもんでした。

●リゴレット バー&グリル
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ内/03-6438-0071/無休(たぶん)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 15, 2008

センチュリーコート丸の内

某社取締役のM翁から呼び出され、
明治生命館地下のセンチュリーコートへ。
以前六本木ロアビルにあった施設が、
この7月に丸の内に移転。
なかなか素晴らしい空間になっている。
集まったのはM翁をはじめ、
最近起業したというS女史、
丸の内を知り尽くしたT女史。

カリフォルニアの白、赤ワインをお供に、
光の祭典を巡るこれまでのことを話す。
起業のこと、仕事のこと、人生のこと。
希望のこと、嫉みのこと、愛情のこと。

感慨深い一夜でした。

その後、施設を案内していただく。
フレンチ、和食、鉄板焼き、バー、シガーに加え、
ゴルフ練習、カラオケから結婚式場まで、
充実した施設に結構驚いた。

M翁の強い推薦を受け、
どうやら会員になるしかなさそう。(笑)

●センチュリーコート丸の内
千代田区丸の内2-1-1 明治生命館 B1F/03-3213-1711/休不詳

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2008

ベランダ用ホースリール

Shower自宅マンションは少し仕様が古く、
広いベランダなのに、シンクがない。
そこにたくさんの花々があるので、
毎日のお水やりが大変。
そんなことをぼやいていたら、
妻が探してくれたのが、これ。

シャワーヘッドを外して、そこにジョイント
するタイプのホースリール。
なるほどアイデア賞ですね。
しかし14mのホースをもってしても、
ベランダの一部には届かないんだよね。。。

でもこれがあれば、お水やりとお掃除が楽になることは確か。
猫猫用品でお世話になっている、
アイリスプラザで売ってます。
わずか\2,980だし、いい買い物でした。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2008

青山蓬莱

旧友と妻と青山で久々の会食。
暑い夏は、餃子とビールでしょ!
ということで、連れて行ってもらったのは、蓬莱。
青山とは思えない、フレンドリーさと普通さ。
美味しいし、リーズナブル。
なかなか素晴らしいお店だ。

 生ビールで乾杯
 焼餃子
 小龍包
 大根餅
 茄子の辛し炒め
 つるむらさき炒め
 烏賊と胡瓜の紹興酒和え
 冷やし酸辛湯麺

いずれも美味しゅうございました。
焼餃子は良い塩梅。
ビールが美味しい!
〆の酸辛湯麺はちょっと韓国冷麺風の変わり種。
胡椒がきいていてピリリと美味しい。
青山界隈にこういうお店を知らなかったので、うれしい。
また通わせて頂きます。

●青山蓬莱
渋谷区神宮前5-49-1/03-3400-1051/日休

| | Comments (93) | TrackBack (0)

August 11, 2008

仙台坂下 好(KONOMU)

たちばな、亡き後、不毛だったエリアに新星。
白金の三光坂下のお店の二号店。
ここはもとバイク屋さんだった場所です。
開店当日に訪れてみました。

 スペアリブ(醤油味、ガーリック味)
 ポテサラ
 串揚げ(メンチカツ、コロッケ)
 ねぎとろ(焼き海苔つき!)
 カレー饂飩

かなり若々しい店で、ちょっとターゲットからは
我々、ズレている模様。(笑)
たまにはいいかな、というお店でした。

●仙台坂下 好(KONOMU)
港区南麻布1-6-3 YREビル1F/03-6240-8169/休不詳

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2008

崖の上のポニョ

六本木ヒルズのバージンシネマで。
何故か、妻が観たいと言っていたので。
実は宮崎アニメを劇場で観るのは初めて。

少年の心。
簡単に言えば、そういう感受性を忘れないこと、
それをメッセージしているのだろう。
確かに幼少の頃の自分を思い起こせば、
自他の区別が曖昧な、ウロボロス的世界に
生きていたのだろうなあ、という思いはある。
そんな世界への郷愁をかき立てるのが宮崎アニメ。

人魚姫をモチーフとしたプロットは理解しやすかった。
でも、最終的にはよく分からないお話。
終映の際、誰も何も反応していないのが可笑しかった。
コメント不能の面白さ、と言っていいのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2008

花火

妻の実家のベランダから花火を見る。
PowerShot S3ISの望遠で狙ってみた。
涼しい夜だったが、夏らしい風情。

Img_0177

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2008

Acqua Pazza Terrace

真鶴を出て、さあランチをどうしようか。
何となく湯河原から箱根を目指す。
思い立ったのは、芦ノ湖畔のアクアパッツァ。
湯河原パークウェイから元箱根へ降りる、
ドライブを楽しみつつ、1時間弱。
ゴールに到着。

玉村豊男ミュージアムに併設されたレストラン。
しかしこの玉村豊男さんって、
ヴィラデストを作って隠遁するはずが、
里山ビジネスが大当たりして、むしろ東京をはじめ、
こうしたリゾート地にも進出しちゃってますね。
人生難しい&面白いものです。(笑)

ピッツェリアは大混雑。
平日の箱根にこんなに人がいるのね。
吃驚です。
話の種に並んでみる。
こういう気分になるのも、夏休みだからかな。
40分ほど待って、ようやく席につく。
芦ノ湖を見渡せるテラスの席。
風が心地よい。
真鶴の海風は熱気を孕んでいたけれど、
湖の水面を滑ってくる風はなぜこんなに涼しいのだろう?

R0015994


 もち豚のトマトソースのパスタ
 ピッツァディアブロ
 ガス入りのお水とともに

ピッツァはSAVOYの方がずっと美味しい。
パスタはブリアンツァの方がずっとずっと美味しい。
リゾートの雰囲気が一番のベネフィット。
改めて、麻布十番の日常が、如何にハイレベルか分かった。

でも、箱根に来たら、また寄っちゃうだろうな。(笑)

Acqua Pazza Terrace
神奈川県箱根町元箱根61/0460-83-1074/無休(たぶん)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

福浦漁港

●夏
R0015967

●夏II
R0015984

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2008

真鶴 栄寿司

ホテルからタクシーで真鶴港へ。
今日はお目当ての葵寿司が休みとあって、
そのお向かいの栄寿司さんへお邪魔。
ビールはキリンラガーの大瓶。
気分だ。

 地物のお刺身
 地物の握り
 伊勢エビの味噌汁

鯵、鰯、鯛、ムツ、イサキ、カンパチなどなど。
美味しゅうございました。

真鶴 栄寿司
神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴605/0465-68-0248/休不詳

| | Comments (0) | TrackBack (0)

逃避行

R0015951夫婦で南の島に来ています。
なんて、嘘。(笑)
東京から1時間強。
ここは湯河原の某所です。
6月の那須では発熱のゆえ、
今度は海でリベンジを図りました。

素晴らしい天気。
どこまでも青い海。
静かに寄せる波。

そして、
プールサイドで何故か、
陰影礼賛の続きに夢中の僕。(笑)
もう少しTPOにあった本を持ってくるんだった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 02, 2008

第38回長野「びんずる祭」

20080802003戸隠から戻り、善光寺の参道を歩く。
途中、いろいろなお店に入店し、
さまざまなお話を聞く。
これもまたBKさんのネットワーク。
うだるような熱さの中、結局、
長野が一番盛り上がるという夜に突入。
信越放送横のBKさんのオフィスからは
このお祭りがよく見えるからか、
建築家や有機食材関連のビジネスをしている方、
地元のいろいろな方が立ち寄っていく。
田中康夫県政についてもいろいろお聞きする。
コンセプトが良くても手法がマズイとうまく行かない、
ということがとてもよく理解できた。

さて祭り自体は、最近各地で多い「阿波踊り型」だ。
長野県でも多くの市が似たようなイベントを開催している。
もともとは青年会議所が主導して、
地元企業単位での踊りチーム(=連)が出ていたようだが、
今はナショナル企業チームや学生チームも参加して、
それなりに面白い雰囲気を醸し出している。
連を作り、衣装をそろえ、練習を積んで参加する人もあれば、
ただグループでゆらゆらと歩き回るだけの人もいる。
パフォーマンスの良かった連は表彰(?)されるらしい。

祭りは21:30には終宴。
長野でもっと熱い1日は終わり、また静かな日常が戻ってくる。
悔やまれるのはGRDを忘れて来たこと。
いい絵が一杯撮れそうな1日だったのに。
仕方なく、ノキアの携帯で撮った画像を
BluetoothでMacに送ったのが↑。
他、長野紀行の写真はBKさんのブログから拝借。
ありがとうございます。

結局、泊まって行きなさい、ということに相成り、
長野では最も立派という犀北館というホテルを取ってもらう。
皇室所縁の由緒正しいホテルだそう。
ゆっくり休んで、明日は朝食を頂いてからまたTOiGOの予定だ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

秋の音楽祭へ。

Aspenmusicfes戸隠は日本有数のスピリチュアルなスポット。
かの江原某による口コミ喚起効果で
観光客は増えているという。
実際、恐山や高野山と並んで称される戸隠山。
今回は奥社にも中社にも行くことはできなかったが、
街道沿いに様子を窺うだけでも
そのただならぬ空気が伝わる。
訪問は次回。

というのも、飯綱高原で9月に行われる、
アスペン音楽祭に招待されているからだ。
1ヶ月少々先にはまたこの長野に戻ってくることになる。
音楽祭の会場となるホテルアルカディアと音楽堂を見学。
どこかの吹奏楽部が合宿している。
懐かしい音が響く。

アスペン音楽祭を主催するのは、BKさんが立ち上げた財団。
いろいろと面白いことをしているなあ、この方は。
感心しつつ、高原から長野市に降りてゆく。
そして、今晩は長野の阿波踊り(?)「びんづる祭」らしい。
宿を取っていない僕は帰れるのか、やや不安。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミセス・ウェストン祭

Aipenhorn戸隠キャンプ場に到着。
ミセス・ウェストン祭を見学させてもらう。
開会式はアルペンホルンの演奏から。
長野ホルンクラブによる演奏だ。

エミリー・ウェストン夫人は
初めて戸隠高妻山に登った外国人女性。
その功績を讃えるガールスカウト教会のイベントが、
このミセス・ウェストン祭という。
ガールスカウトのお嬢様方がたくさん。
合唱を披露したり、焼きバナナを作ったりしている。
清々しい空気。

聞けば、戸隠村は市町村合併によって長野市となったが、
それに伴い数々の問題も浮上しているようだ。
例えばこうした地元主催のイベントなども
開催継続が困難になったり。
地方行政の難しさを改めて考えさせられる。
さて僕に何ができるだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

戸隠そば 山口屋

長野駅から信越放送近くのTOiGOまで歩き、
そこでBKさんのオフィスを訪問。
すぐさま、BKさんのお友達のOさんの運転する、
アルファロメオGTVで戸隠に向かう。

長野から約30分の行程。
しかしその道はものすごく気持ちいい。
羨ましいな、こんな道がすぐ近くにあって。

戸隠に入って比較的すぐの山口屋さんで昼食。
突き出しはそば団子。
大盛りそばを頼む。
戸隠そばは「ぽっち」という単位で盛られていて、
食べやすくまた見た目も面白い。

食感はシャッキリ、滋味深い。
美味しく頂戴しました。
この街道沿いにそば屋さんは数百軒あるという。

ここから、戸隠キャンプ場で開催されている、
ミセス・ウェストン祭に向かう。
Oさんのアレンジした長野の音楽家による演奏があるのだ。
そば湯を飲み干して、再び出発。

戸隠そば 山口屋
長野県長野市戸隠中社3423/026-254-2351/休不詳

| | Comments (0) | TrackBack (0)

陰影礼賛

Inei_raisan突然の出張で長野に向かう。
車中で読む本をデスクの上に探す。
ふと手にしたのは、何年ぶりだろうか。
谷崎潤一郎の陰影礼賛だった。
深く考えず、それを鞄に突っ込んで
東京駅までのタクシーに飛び乗る。
何しろ、今日の11時までに長野駅に着かねばならない。

暗く憂いを帯びた陰。
その陰にこそ、日本人の美的感覚が宿る。
谷崎が喝破した日本の美。
それは明るい電灯ではなく、
揺らめく蠟燭の火を友とする、そんな美しさだった。
西欧文化に屈服し、それに対応しようとする日本。
日本の感受性は日本固有の生活文化と切り離すことはできない。
しかし生活文化そのものが失われ、変質している中で、
日本の感受性はどこに向かうのだろうか。

東京の都市生活も西欧化の一例と言ってよいだろう。
その意味で、僕らは日本人でありながら、西欧化している。
コスモポリタンという言葉を
いつしか憧れの対象として捉えていたのかもしれない。
東京から長野に向かう新幹線の中で、
西欧と日本の関係を、東京と地方の関係として考えていた。

東京にあるものが地方には無い。
だが、東京に無いものが、地方にはある。

暗く、人も少なく、活気もないかもしれない。
しかしそこには漆黒の闇がある。
豊穣の源は闇である。
闇は都会ではなく、失われ、取り残された日本にこそあるのだろう。
であれば次の豊穣を生み出すのは、取り残された日本なのだと思う。
今日、僕は闇に会いに行くのだ。

| | Comments (60) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »