« October 2008 | Main | December 2008 »

November 27, 2008

変な夢を見た。

たまーに変な夢を見る。
明らかに夢でしかありえない状況なのに、
その時の感情の記憶が残っていたりする。
今回のはこんな夢でした。

 何故か、ステージに立って歌を歌わなければならない僕。
 周囲には仕事上の付き合いの人がいるのだが、
 状況としてはステージ横でスタンバイし、
 当方に応援の声をかけている。
 何故か、僕が唱わなければならないのが、
 往年の名曲、太田裕美「木綿のハンカチーフ」で
 「高い声が出せるかなあ?」と不安に思っている。

不安な気持ちが結構リアルに記憶されている。
何でしょうか、これ?(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 22, 2008

ポメラ

Pomera文具のKING JIMからデジモノ新製品登場。
その名はポメラ
かわいいじゃないの。
要は、テキスト入力だけに特化した、
モバイルツールなわけです。
モノクロ液晶とパンタグラフ式キーボード。
ファイルはUSBかminiSDでPCに取り込む仕様。

実際に使うかどうか分からないんだけれど、
これが何ともボクのノスタルジーを掻き立てるのです。

遠い昔、パームパイロットで使える、
パンタグラフ式のミニキーボードを使っていました。
これが素晴らしくマニア心をくすぐる商品だったのです。
これ↓
Palmkeyboardもうパームは使っていないけれど、
このキーボードは時々取り出して、
カチャカチャいじってみたりしています。
ん?もしかしてボク、変ですか?(笑)

てなことで、このポメラ、好きです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 21, 2008

麻生が、やりぬくぅ?

自民党のテレビCFが目につく。
どうにも効果を発揮しそうにない広告キャンペーンだ。
昨今の情報環境を考慮するとむしろ逆効果としか思えない。

麻生が、やりぬく。
というのがキャッチフレーズな訳であるが、
これは皮肉なことに反語になってしまっている。
すなわち、
安倍がやりぬかなかった。
福田もやりぬかなかった。
だから、麻生がやりぬく、という理屈である。

しかし国民からすれば、やりぬかなかった、というのは
後任が頑張りさえすればそれで済む問題なのか、という
腑に落ちなさ、というが納得できない思いがある。
やりぬかなかった段階で、
「国民の皆さま、ゴメンナサイ。選挙で審判を仰ぎます。」
が順当な流れであることは明らかである。

一方で、修辞法における反語には、
敢えて表現したいことと反対の表現を行うというケースがある。
つまり、自民党は「麻生がやりぬく」とは思っていない、のかも知れない。
だとすれば皮肉では無い訳であるが。

既に麻生の失言問題は大きく取り上げてよい、という雰囲気が
党内で形成されつつあるようだ。
実際に失言の内容もお粗末である。
踏襲、未曾有などの熟語を、教養ある大人が「読み間違える」だろうか?
誰にでも間違いは起こりうるが、これは読み間違いではない、
というのが普通の人には直感できるはずである。
文脈から想像して、未曾有(みぞう)以外の熟語は頭には浮かばず、
それを(みぞうゆう)などと読むことはありえない。
麻生はこの熟語を知らなかったのである。
哀しいことだがおそらく現実だ。

こうした事実が後押しをしたのか、麻生下ろしが始まっている。
「麻生がやりぬく」という広告キャペーンを行いながら、
麻生じゃもうダメだ、という党内の共通見解がメディアに漏れ出ている。
広告キャンペーンを取り仕切っている者の能力も今ひとつ、
と言ってよいだろう。
政党助成金が広告投資の原資であるか否か、
当方の知識は定かではないが、国民の税金から
こうした無意味な広告への投資が行われている可能性は否定できない。

定額給付金は非難囂々、諸説紛々で前へ進まず、
景気対策も補正予算が通らなければ何も動かない。
つまり、やりぬくどころか、まだ何もやれていない、のだ。
こうした現実から考えると、
残念ながら、麻生はやりぬくことが出来ないであろう。
であるならば、
「元気ハツラツぅ?」ならぬ「麻生がやりぬくぅ?」くらいの
メッセージだったら、少しは笑いが取れたのではないだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2008

ボジョレ・ヌーヴォーで一杯。

仕事がバタバタの中、無理矢理パーティ開催!
例年どおり、マルセル・ラピエールのヌーヴォーを
買い付けて、今年は忙しかったので、
ケータリングをパシフィックカレンツに依頼。
これが思いのほか良かった。
R0016311

ヌーヴォーはワインじゃないとか、いろいろ意見はありますが、
この種のものは新蕎麦とか新茶とかと同じですから、
それをキッカケに純粋に楽しめばいいのでしょう。
で、楽しい夜でした。
また来年!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 14, 2008

ざんぐり

オフィスにインターンで来ていた女子大生を
アルバイトに迎えることになった。
その歓迎会で。
ここ、ピーコックの向かいのビルの6階。
サービスがしっかりしているのがいいと思う。
平たく言うと、飲食業をサービス業として、
ちゃんと考えられる経営者とスタッフがいる、ということかな。

あいにく、当方は風邪気味にて残念。
でもそれなりに楽しみました。

TBC........

●ざんぐり
港区麻布十番2-8-10 パティオ麻布十番6F/ 03-5730-2750/日祝休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2008

CANON EOS 50D

50d妻の要請でデジイチを購入。
これまではD30という
これまた古いデジイチを使っていた。
もう10年近いかな。
購入当時の最高画質320万画素、
レンズセットで40万円くらいしたのに、時の流れは早い。
320万画素なんて、いまや携帯電話よりショボイもんね。

まあ、ずっとキヤノン党できた僕としては、
EFレンズ資産が使えるし、
撮影に特段問題を感じていなかったのだけど、
やはり10年近い時間の流れは大きい。
今や50Dの解像度は1510万画素。
画質は誰が見ても分かるように向上している。
これで商品撮影もクオリティアップですね。>妻

ちなみにD30の査定はなんと2500円!(笑)
当然売りませんでした。
こっちはキヤノン純正最安値の9980円、
50ミリの単焦点でも着けて、普段使いにしよう、っと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2008

東京フィル第761回定期演奏会

幻想交響曲は、Lucy in the sky with diamondだと見つけたり。

TBC.........

●演奏曲目
 武満徹/弦楽のためのレクイエム
 マルティヌー/弦楽四重奏と管弦楽のための協奏曲
 ベルリオーズ/幻想交響曲

●演奏
 指揮:渡邊一正
 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2008

知足。

Chisoku新大統領の誕生。
これはひとつのエポックに違いない。
素直に期待したいところ。
彼の言葉の力を借りて、言って欲しいことがある。
英語ではうまく言えないのだろうか。
それは、「足るを知る」という言葉だ。
資本主義がオ−バーシュートするのはある意味当然。
人の欲望に根ざしているのだから。
しかし欲望には際限がない、と諦めるのはどうだろうか。
米国発の金融資本主義が暴走して
世界をクレジットクランチに陥れた今こそ、
米国の新世代のリーダーにこう言ってもらいたい。

 世界は既に豊かじゃないか。

金融不安の最中といえ、先進国の人々は生きて、
食べて、飲んで、暮らしている。
もちろんそうでない人もいるだろう。
南北問題も横たわっている。
それでも、今の豊かな人間の繁栄を、
まずは祝福しようじゃないか、と。
先進国が、富める者が「足るを知る」ことが、
食料争奪戦や貧困問題を解決する道に繋がるのではないか。

飽くなき向上心も素晴らしいけれど、
時折、スピードを緩めることも大事なように思う。
「もったいない」も世界市民権を得たようだし、
世界の「変革」のために、まずは自戒を込めて。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 01, 2008

MONCLER HOBART

Hobart長らく買えなかった厳冬用のダウン。
いくら何でも品薄すぎるよ、モンクレール。
夏にエストネーションの受注会で予約して、
10月になって、ようやくゲットしました。
色は悩んだ末にダークブラウンに。
これで来春の金沢出張も大丈夫、かな。
未知の欧州冬期出張にも備えよう、っと。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »