« November 2008 | Main | January 2009 »

December 31, 2008

ここにいるよ。

紅白歌合戦を割とちゃんと観ている。
何年ぶりだろうか。
楽曲を聴いていて、2008年のキーワードが分かった。

 ここにいるよ。

これである。

 私がここにいるよ、安心して。
 あなたはひとりじゃないよ。

これが2008年に一番求められた言葉なのだね。
日本人はとても寂しかったのだろうか。
アイデンティティが関係性に依存する割合が高まっている。
関係によって編まれた生きる意味。
関係によってのみ存在する人格。
複数とはいえ、特定の関係性に自己を委ねるのは危険だと思う。
この自己認識は普遍的なものになりうるのだろうか。

真実は単純なことも多い。
一方で単純でないことも多い。
簡単にこうだと言い切れればいい。
でも言い切れないことも多い。
人は独りではない、独りでは生きて行けない。
たくさんの人の助けがあって初めて生きて行ける。
確かにそうだ。
でもそうではないと考えた方がいいこともある。

光源氏ではないが、人は独りで生まれ独りで死ぬのだ。
そのうえでその生涯をかけて森羅万象との関わりを持つのだ。
愛する人や、好きな仕事や、芸術や、食事や毎日の小さなものごとたち。
そこにこそ人生の喜びが宿るのだ、と僕は思う。

2009年、もっと力強い自分になりたいな、と思う。
2008年ありがとう。
新しい仕事、新しいものごと、新しい人。
出会えたことに深く感謝します。
2009年もどうぞ宜しくお願いします。

そして31日。
結局今年は箱根行きは予約できず、
私たち夫婦も「ここ(麻布十番)にいるよ」なんつって。
お後が宜しいようで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2008

今年最後の包丁人三郎

26日の忘年会以降、寝込んでます。(泣)
やはり1年の疲れ、って奴でしょうか。
年末に向けての雑務も不十分。
うーん、参りました。
すみません。>妻
漸く回復の兆しの中で、三郎君とこにご挨拶。

 煮こごりの突き出し
 帆立とエリンギのバター炒め
 豚しゃぶ
 〆はつけ饂飩で

冷たいものはNGということで、芋焼酎をお湯割りで。
途中から味がイマイチ分からず、残念。
三郎君、山ちゃん、今年1年ご馳走さまでした。
また来年。

●包丁人三郎
港区麻布十番2-18-8/03-5442-0558/日祝休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2008

ご近所忘年会@IL MANGIARE

風邪気味の中、それでも楽しみにしていた忘年会へ。
ちょい早めに出るも、途中でGAKU☆さんにバッタリ。
女性軍の到着前にスプマンテで乾杯。

 アンティパストミスト
 和牛のカルパッチョ
 活オマールのアラビアータ
 ジビエのラグーのパスタ
 四元豚のグリル

R0016272

鵜野さんご馳走さまでした。
新しいお店、結構いい感じじゃないですか。
メニューはどれも頼みたくなります。
しかし、厨房で作って、ホールで接客して、と
大活躍ですね。鵜野さん大忙しのお店で大変ですね。
でも期待しています。頑張ってください。
そして、ご近所さま、今年もありがとうございました。
随分遅くまで話し込んでしまいましたね。(笑)
来年はもう少し積極的に宴会をアレンジできたらと思います。
どうぞ宜しくお願いします!

●IL MANGIARE
港区麻布十番1-9-2 ユニマット麻布十番ビル6F/03-6459-1577

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2008

ご近所忘年会やります。

メリークリスマス。
唐突ですが、忘年会やりますよー。
ご近所の皆さま、お暇があれば是非。

 場所:IL MANGIARE
 日時:12月28日(日)18時30分

場所はご近所さんなら多分すぐ分かると思うけれど、
梅芯庵或いはカシータのビルの6階です。
鵜野秀樹シェフの新しいお店ですよん。
コンセプトは楽しく美味しいイタリアンへの原点回帰。
まあ、昔の「イタめし」の復活というところでしょうか。
参加ご希望の方は、直メールかコメント宜しく!
様子を見つつ、人数は当方で調整致します。
では皆さま、美味しい「イタめし」で
激動の2008年、ゆく年を惜しみましょう。

●IL MANGIARE
港区麻布十番1-9-2 ユニマット麻布十番ビル6F/03-6459-1577

| | Comments (11) | TrackBack (0)

December 24, 2008

GINZA LA TOUR

滑り込みでクリスマスディナーに。
思いのほか美味しいお料理に満足。

TBC.........

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2008

道歩きのつれづれに思ったこと。

三田通りを歩いていたら、来年の新卒採用において、
内定取り消しで批判されている例のデベロッパーの区画が目についた。
化粧パネルには件(くだん)の企業名。
そしてその上には企業スローガンが乗っかっている。

 見たこともない笑顔を。

嗚呼。もはやブラックジョークである。
この何とも言えない認識上のクラック。
聞けばこの会社のコーポレ−トプロミスだそうである。
企業である以上、経営上の不確実要素は排除すべきである。
だから新卒採用をゼロに戻す、という選択肢も
必ずしも批判されるべきではないだろう。
しかしもしも僕が経営者であったとしたら、
コーポレートプロミスとして、上記の言葉を世の中に
発信する責任を負っていたとしたら、
新卒者の内定取り消しは行うことができなかった、と思う。
50名ほどの「社内で最も給与の低い従業員」の採用を見合わせることで
経営上のポジティブなインパクトがどの程度でるのだろう?
おそらく、耳障りのよい言葉であれば、何でもよかったのだと思う。
その認識はもはやブランド戦略の現在とは大きく乖離しているのに。
これがコーポレートプロミスだと言うのならば、
何を捨ててもこれを守らなくてはならない。
それができないのであれば、この看板を降ろさなくてはならない。
企業経営の矜持とはそういうものであると僕は思う。

内定取り消しに遭った学生は気の毒だと思う。
しかし一方で、そんなことは実は世の中に結構あるんだよ、
ということも言っておきたいと思う。
約束が違えられること、だまされること、期待を裏切られること。
仕事をして生きて行くのなら、それらは不可避だ。
これから経験する辛酸を、学生のうちに嘗めさせられた、のだ。
辛い経験だとは思うけれど、それは考えようによっては僥倖なんだよ。

顔も名前も知らない大学生たちだけれど、
この僥倖を糧として、何とか頑張って行って欲しいと思う。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

香家

初訪問。
汁無し担々麺が名物とされている
慶応大学の正門近くの小さなお店。
綱町三井倶楽部の麓を通って歩いて行ってみた。

 小龍包
 焼餃子
 姫・担々麺
 鬼・担々麺

うーむ。
何故これが人気なのか、まったくもって不明です。
味も取り立てていいとは思わないのですが、
何しろサービスが暗く、硬く、悲しげ(?)です。
気持ちよく食事ができる感じのお店ではない様子でした。
大学生レベル?
大人が行って満足できるお店ではないかもしれません。
メリットは無休なことだけど、再訪問はないなあ、たぶん。(笑)

●香家
港区三田2-14-9/03-3453-1958/無休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2008

MONCLER ARISTIDE

Aristide9月に軽井沢に滞在した際、
プリンスショッピングモールで
アルマーニのレザーライダースジャケットを
買おうかな、と随分迷った。
結果見送ったのだが、正解。
その後、2008年秋冬モデルのモンクレールから
ドンピシャのモデルがリリースされた。
先日、ヒルズのエストネーションで発見して、
妻からクリスマスプレゼントとして頂戴しました。
ありがと!>妻

これ、オイル加工されたナイロンがレザーっぽいし、
何しろレザージャケットよりは格段に温かい。
セミロングダウンのHOBARTはクルマの時には少し邪魔。
その点ショートのアリスティードは身軽でいい。
これで早くツーリングに行きたいなあ。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

December 20, 2008

IL MANGIARE Reception

鵜野秀樹シェフの新店レセプションへ。
AND ONEでお花を設えて頂いて、
それをお土産に訪問。

鵜野さん、おめでとう!

といいつつ、先のChampagne Houseのレセプションと比べると、
うーん、正直もうひとつ準備不足?、という感じでした。
でも鵜野さんのお料理は素晴らしいので、
実際に22日のオープン以降に行ってみてのお楽しみということで。
空間はシックにまとめられていますが、そう広くないようなので
やはり予約は取りにくくなることが予想されます。
年内にはご近所さんたちと宴会をやりたいな。

AZABU HAUSのJ倉さんのオープニングレセプションは
かなり素晴らしい、ということが分かった、という感じかな。(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2008

CHAMPAGNE HOUSE

オペラシティから帰って、
レセプション以降で初めての訪問。

TBC..............

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京フィル第九演奏会

サントリーだと思ってたよ。
東京オペラシティに滑り込みで第九を聴く。
指揮は佐渡裕。

TBC..........

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2008

Porsche Panamera

Panameraポルシェの4ドアサルーン。
公式画像が先日公開され、
来年末には日本でも走り出す。
もともと911から何とか脱却しようとして、
結果911だけの会社であることを露呈したポルシェ。
996の時代には倒産の危機に瀕した。
それが米国でのBoxterやCayennの成功によって、
今やVWの75%の株を持つ超優良企業に。
AudiやLamborghiniもPorsche傘下ということ。
時代は変わりましたね。

翻ってこのパナメーラ。
個人的にはどーにもカッコが悪い気がする。
高級感のあるサルーンというよりは
ハッチバックか、ステーションワゴンみたいで
スポーティなブランドイメージとちょっとマッチしない。
それに100年に一度の金融恐慌の最中にロンチングする、
というのもちょっと間が悪いし。
どうしてもPorscheブランドで出すべき商品だったのだろうか。
帝国凋落への蟻の一穴か、というのは杞憂かなあ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 16, 2008

割烹 たか野

昔、仙台坂下に「たちばな」という小料理があった。
自宅から一番近いお店であり、毎日のように通っていた。
少し鄙びた風情なのに、料理も美味しく、お酒も揃う。
職人肌の静かなご主人とその家族による温かい接客も魅力だった。
客層もとても良かったように思う。(ま、自分も含めて・笑)
数年前、多くの人に惜しまれつつ、閉店。
返す返すも残念だった。

昨日は六本木で忘年会。
幹事のオヂサマから、「たちばな」みたいな店だと聞いていた。
そして、本当にそうだった。
六本木にこんなお店があったのですね。
鄙びた風情と体にやさしい京料理の数々。
麒麟山が沁みました。
心休まる美味い時間でございました。

お仕事をご一緒させていただいた皆さま、ありがとうございました。
年末までもう一仕事、そして来年も宜しくお願いします。

 蓮根と牛蒡のキンピラ
 旬菜のお浸し
 赤こんにゃく
 自家製さつまあげ
 和風コロッケ
 お刺身
 うの花
 鯵の南蛮漬け
 がんもどき
 たぶん他にもたくさん。〆は鯛茶漬けやじゃこ飯で。

●割烹 たか野
港区六本木4-4-3/03-3401-3537/休不詳

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 13, 2008

IL MANGIARE

先日紹介した鵜野秀樹シェフの新店。
検索したら、既にウェブが立ち上がっていました。
イタリアンの楽しさに原点回帰する、という
コンセプトのよう、楽しみです。
20日にレセプションに伺ってきますが、
その際、空いている様子だったら、
今月28日くらいにはご近所宴会をセットしたいなあ、
と思っておりますが、どうでしょう?>ご近所のみなさま(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 11, 2008

OROBIANCOのPEN CASE

鞄を替えたらいろいろ欲しくなって。
割と好きな色、ピスタチオグリーンのポーチとお揃いで購入。

R0016294

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2008

Risotrante la Brianza

久しぶりにディナーで訪問。
秋のイタリア周遊メニュー、というのがあったので、
迷わずそれを。

(前菜)
 宮城産生かき アチェートのスプーマ
 長野産馬肉、タレッジョ、柿のインサラータ
 小羽鰯のインボルティー二
 秋トリュフのオーブン焼き
(パスタ)
 北海道産ズワイ蟹のタリオリーニ
 フォンデュータのキッキ

 ルビーグレープフルーツのグラニテ

(メイン)
 シャラン鴨胸肉のアロストとフォアグラ
(カフェ&ドルチェ)

随分と賑やかで楽しい食事でした。
ワインがもう少しいろいろ有るとより楽しいでしょうね。
でもお味もポーションも満足です。
相変わらずいい感じでした。

●ラ・ブリアンツァ
港区麻布十番2-17-8パークビルI1階/03-5440-8885/不定休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2008

Daniel&Bob Culodoro Sack

Culodoro1泊出張の時にぴったりの鞄が
欲しかったのと、
ジャケットスタイルのときに
少し着崩した感じにしたくて、
鞄を物色していたのですが、
やはり、最近の気分はこちらでした。

伊勢丹の別注でデッドストックのレザ−を使っている様子。
確かに結構いい感じ。

かなりの収納力。
先日のJasmineよりも当然たくさん入ります。
Jasmineはヨレっとした感じが魅力で
こっちはプリンチピーナが正解だったと思ってます。
クロドーロサックの方はビジネスでも活躍しそうだし、
なかなかいい買い物だったかな。

| | Comments (59) | TrackBack (0)

December 06, 2008

CHAMPAGNE HOUSE Reception

AZABU HAUSのJ倉さんの新店。
8日がオープンということで、
4日から本日までレセプション。
AZABU HAUSとは対照的なお店を作りたかった、
というお話のとおり、
あちらが静なら、こちらは動。
こちらが若なら、あちらは熟。
という感じで、かなり性格分けが明快でした。
そして、いつものように思い切りのよい、
お酒もお料理も素晴らしい大盤振る舞いです。(笑)
ご馳走さまでした。
すっかり堪能して、大満足で帰宅致しました。
早速ですが、是非活用させて頂きます。

●CHAMPAGNE HOUSE
港区六本木4-2-35-B1/03-5771-4639/休不詳

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2008

石垣牛汁鍋@taachi

遅い夕食を妻と二人で。
鵜野さん情報をFBするのも目的のひとつ。
ハガキを頂いていたので、海葡萄がサービス。
嬉しい。
で、石垣牛汁鍋にチャレンジ。
R0016267
美味しい!
健康的な八重山&石垣野菜の鍋に
石垣牛のスジとモツがたっぷり。
〆はもちろん、沖縄ソバの生麺を投入。
至福の一時でした。
でも何つうか、taachiにしては枯れたメニューで、
満席の店内でこれ頂いているのはもしかしてうちだけ?
若者にはちょっと物足りないのかも知れませんね。
でも美味しかったよ。

●taachi
港区麻布十番1-7-7 はせべやビル3F/03-5772-7290/日祝休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2008

良いニュースひとつ。

リストランテキオラ前で、ある人に遭遇。
人間違いじゃないよねぇ?
やっぱりそうだ。
鵜野シェフ。

先日taachiで「麻布十番に帰ってくるらしいですよ」
という噂は聞いていたのだけれど、本当にそうだった。
早速、近況を立ち話で聞いた。
JOMOのGS横のユニマットビルに今月開店だそうです。

わーい。
また彼の料理が近くで頂けるぞ!
今月20日のレセプションが楽しみだ!

お店の様子を見てからだけど、
うまくハマりそうな箱だったら
ご近所新年会でもやりましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »