« ネコ型社員の時代 | Main | 昭和八十三年度!ひとり紅白歌合戦 »

April 10, 2009

夕方おでん@福島屋

お昼が軽かったのか、夕方には小腹が空いた。
ちょうど「夕焼け小焼け」が流れた頃だから、17時過ぎ。
ふらりと十番商店街に出た。
引き寄せられたのはまたしても福島屋さん。

 玉子
 大根
 竹輪麩
 烏賊下足天
 焼竹輪

誘惑に負けて、一番搾りをクイッと。
こういう小さな幸せって、でもなんて大きいんだろう。(笑)

●福島屋
港区麻布十番2-2-1/03-3451-6464/火休

|

« ネコ型社員の時代 | Main | 昭和八十三年度!ひとり紅白歌合戦 »

Comments

>こういう小さな幸せって、でもなんて大きいんだろう。

いい言葉です!
ホント、そう思います。

桜や新緑の美しさ、いや、
ホントに晴れている日の青空にさえ、
小さくて大きい幸せを感じますよね~。

Posted by: kumisuke | April 14, 2009 at 12:53 PM

kumisukeさま、お久しぶりです。
年末の酔っぱらい電話以来ですか。(笑)
小さな幸せ、大きな幸せ。
そもそも、幸せに量の概念はあるのか。

アリストテレスは、善(アガトン)を追求するのが
万物の宿命と考えたし、その最高善が幸福だった。
最近、アランの幸福論も読んでます。
こういう話好きでしょ?

巨匠のワインバーに行って続きをやりましょう。

Posted by: umi | April 14, 2009 at 02:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71476/44645143

Listed below are links to weblogs that reference 夕方おでん@福島屋:

« ネコ型社員の時代 | Main | 昭和八十三年度!ひとり紅白歌合戦 »