« April 2009 | Main | June 2009 »

May 29, 2009

SOLANA 南麻布

またしても雨の日に訪問。
仕事を終えて、妻と二人で。
今日は鵜野さんのIL MANGIAREにしよう、と
思っていたのだけれど、
鵜野さんから「今日はいないんです!」との
連絡をもらって次回訪れることに。
さて、じゃあどこに行こうかな、と考えても
美味しくてリーズナブル、となると
やっぱりここに来てしまう。

 和牛とアボガドのタルタル
 薩摩地鶏の手羽を魚醤で炙り焼き
 浅蜊とフレッシュトマトとバジリコのスパゲッティ

最初はハートランドから。
美味い。
いつもながらに美味い。
最高!
言葉がない。

市川シェフ、ありがとう。(^^)/

●SOLANA
港区南麻布1-4-18大善ヴィラ麻布1F/03-3455-3291/日、第一月休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2009

麻布十番、新店情報。

麻布山善福寺の真ん前。
お犬さま連れOKだった「和カフェ」の後は
イタリアンのリストランテになる様子。
楽しみですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2009

VAIO type P

Sony_vaio_p久々のデジモノ購入。
妻がどうしても欲しいと。
楽天のショップ対応に必要とのこと。
じゃあ仕方ない。
導入しますか。
巷では1円PCも珍しくない昨今。
こちらのVAIO type Pは、
EMOBILE契約付きでも3万円台です。
確かにカッコいいけど。
キャリングケースとポーチ、Bluetoothマウスが入った、
アクセサリーセットをポイントでゲット。

自宅に戻って設定したのですが、
Vistaのせいか、IE8のせいか、
アップデートに3時間は優にかかりました。
参った。

自分はネットブック、いいや。(笑)
重くてもMacBook運ぼう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2009

SOLANA 南麻布

少しいいことがあったので、妻と訪問。
初訪問してから、もう随分通ったなあ。(笑)

 プロシュットとペコリーノロマーノ、無花果のサラダ
 甲殻類のソースのスパゲティ
 子羊のグリル

なんとも美味い。
美味過ぎる。
なんといい店だろうか。
白ワインにチリ産のゲヴルツトラミネールがあって、
これまた最高。
市川シェフ、今日も美味しゅうございました。
いや、何度も言うけど、素晴らしい。
こんなお店が近くに有るのはラッキーです。

●SOLANA
港区南麻布1-4-18大善ヴィラ麻布1F/03-3455-3291/日、第一月休

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2009

尊敬する人。

昨年知り合う機会を得た長野の賢人のブログを見ていて、
改めてこの人凄いなあ、と思った。
キーワードのセンスが僕たちと違う。
でも何らかの核心を捉えている。
これからのことを考えるために大事なことのように思う。

「頼まれ事は試され事」
「問題を解決することが人生」
「縮小文明の創造」

行き詰まり感の中で、反芻している。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 14, 2009

GALALI

懸案の飲み会をとうとう実施。
青山神宮前ご近所会を主宰するえぐち会長、
あの高名なアクリリックの坂雅子さん
それに我々夫婦で、神宮前のGALALIへ。
坂さんと一昨年(?)軽井沢でお会いして以来、
是非と考えていた会食でした。

集合は僕がプロデュースした神宮前のギャラリー
少し立ち寄るだけの積りが、
早速11月の展示会の話で盛り上がってしまいました。
面白い協業に発展させられると嬉しいな。
その後、GALALIで随分と話し込み、
その後、Amore e Vitaでまた話し込み、
翌日、夫婦で二日酔いでした。(笑)

ジュエリーデザイナーアクセサリーデザイナー
二人の女性がいい感じで仲良くなってくれるといいなあ。

●GALALI
coming up soon.........

●Amore e Vita
coming up soon.........

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2009

忌野清志郎、死去。

静かな連休を終えた。
新型インフルエンザと清志郎の死去。
そんな静かな休日だった。

RCサクセションについて、僕はあまりよく知らない。
本当に超有名曲を数曲知っているくらい。
坂本龍一とのコラボは記憶に残っている。
だから、死去に際して映像で見た、彼のライブには
少なからず驚かされた。
こんなにもメッセージの強いアーティストだったのか。
こんなにもロックな人だったのか。

中学生の頃、
ディープパープルやエアロスミスのコピーバンドをやっていた。
まあ、70年代後半の中学生はそんなもんだった。
ビートルズやストーンズも聴いていた。
一方で、所謂フォークソングが反戦歌だったのも知っていた。
ボストンやYMOにも強く惹かれていた。
今でも忘れないことがある。
当時の担当教諭から「文化祭でロックは禁止」と言われたことだ。
今の若者が聞いたら訳分からないだろうな。
フォークはいいけど、ロックはダメ。
ロックはその当時の社会ではまだ劇薬だったのだ。
反社会的なメッセージ、毒を含んだ音楽がロックだったのだ。
今の日本でロックは反社会的なものとはとても言えないだろう。
そもそも生き残っているのか。

清志郎が死んで、日本のロックスターの巨星が墜ちた。
もう危ないロックはないのかも知れない。
願わくば、ミック・ジャガーのような日本人が生まれて欲しかった。
よく聴かなかった人なのに、すごく残念に思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »