« May 2009 | Main | July 2009 »

June 29, 2009

納棺夫日記

話題の書籍である。
映画も音楽もよいが、まずは
やはりこちらに触れるべきと思う。
宮沢賢治、親鸞、金子みすず。
死を見つめ、死を洞察した人は多い。
それを改めて読むことで僕は何を掴めるだろう。

実は今、日本人の死生観を調査する、
という壮大なプロジェクトに挑戦中。
内田樹氏の『死と身体』『他者と死者』や
キューブラー・ロス女史の『死ぬ瞬間』を再読している。
しかしこれらの書物よりも、
市井における死への眼差しは
『納棺夫日記』に色濃い。
そしてその眼差しは優しく、透明である。

人は死んだらどうなるの?
人はどこから来て、どこに行くの?

小学生の頃にそんなことを言っていたら、
「つまらんことを考えるな」と父に言われた。(笑)
でも結局、そんなことばっかり考える大人になった。
実際、変な調査してるし。

そんな『納棺夫日記』を先日研修で訪れた
軽井沢の施設に置いてきてしまった。
文庫本をなくすことなんて、あまりないのに。
記憶の衰えとともに、なぜこんな本を亡くしたのか、
それが少し気になっている。

| | Comments (338) | TrackBack (0)

June 28, 2009

軽井沢滞在

金曜、土曜と某社の研修講師で軽井沢へ。
その後「絶対行く!」と言っていた妻を軽井沢駅でピックアップ、
少しだけゆっくりと過ごす時間を確保した。

夕食は中軽井沢のパッキアでピッツァを。
その後、ホテルで温泉に入り、ぐっすり休む。
妻のお目当てはショッピングセンター。
これは仕方ないので、ちゃんとお供をする。

塩沢湖のタリアセンを少しだけ散策。

R0016741

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2009

またまた新店。

善福寺の前、和カフェ後にイタリアン。
焼き鳥ももたろうの斜向い、
何になるのかな、と住民が期待していたところは、
なんと大連餃子。
どんなお店になるのかな?
イタリアンは9日がレセプション。
餃子カフェ(?)は11日オープンですと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »